« 虫に花に… 秋がいっぱい! | トップページ | 環境事業協会 「たっぷりドングリ!」 »

2015年9月22日 (火)

あきのいろ

この連休は非常に天気も良くカラッとした季候が続き、とてもお出かけ日和ですね。
今日も親子で、ご夫婦で、たくさんの方が森に来られていました。

森では目に入る色合いが一段と変化してきたので、その一部分をお届けします。

20150922_img_1368

ヒガンバナ(別名:曼珠沙華)です!
先週よりもグッと濃い赤色が森のあちこちで見られます。
このヒガンバナという植物はとっても不思議な生活スタイルで、花を咲かせている今の時期にはヒガンバナ自身の葉っぱが1枚も見当たらないのです。
夏までに葉っぱで栄養をしっかり蓄えて、そして一呼吸置いてからこの見事な花を咲かせるのです。

20150922_img_1413

トンボたちも秋の装いへ。
夏の間忙しなく飛びまわっていたシオカラトンボやギンヤンマの姿を見ることは少なくなり、「赤とんぼ」の仲間が目立ってきました。
夏のトンボたちに比べると、赤とんぼの落ち着いた飛び方が少し切なく感じられます。

20150922_img_1429

ガマズミなどの赤い実もひっそりと葉っぱの間から顔を出して、熟してきたことを教えています。そろそろ鳥たちが一生懸命実をついばむ姿も見られそうです。

20150922_img_1452

派手な色合いではありませんが、秋はキノコシーズンです。このキノコは大きさが見事!
傘の部分の直径は20cmを超えていました!他にも様々な色・形のキノコが森の至る所で見られます。

20150922_img_1461

そして役目を果たしたいきもの達は段々と舞台から去っていきます。
こちらはツクツクボウシのオスで、今日も頑張って鳴いている声が聞こえてきましたが、
他の種類のセミたちは鳴いていなかったように思います。

今年は残暑があまりなく、森の中はとっても歩きやすいです!
ですがお越しの際は、虫除けの用意をお忘れなく!!
                                masu

|

« 虫に花に… 秋がいっぱい! | トップページ | 環境事業協会 「たっぷりドングリ!」 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫に花に… 秋がいっぱい! | トップページ | 環境事業協会 「たっぷりドングリ!」 »