« 秋らしくなってきました | トップページ | あきのいろ »

2015年9月15日 (火)

虫に花に… 秋がいっぱい!

ここのところ、朝晩は涼しく、昼間は日が差せば暑いですが、木陰に入れば気持ちのよい、森歩きにぴったりの気温になってきました。

そんな中先週から、毎日のように学校の来訪がはじまりました。
しばらくの間は、1日に1校のペースですが、今月末からは1日に2校以上が訪れます。

こどもたちを待ちわびる森は、だいぶ秋めいてきました。

20150915_dsc_0916
今日は、小学4年生の来訪。くさはら広場に出たら、あっという間に
バッタ・コオロギ・キリギリス・カナヘビ! そしてカマキリを発見し、ゲット!
この森のいきものは、森の中ではつかまえてもOK、帰る時は逃がしてあげるというルールなので、しょっぱなから両手にいきものをつかんでいる子も。

カマキリも、ついこないだまでは子どもだったのに、立派に羽がはえた成虫になっていました。

20150915_dsc_0944
くさはら広場の一角には、ヤマジノホトトギスが咲いています。先週の遊林会の観察会の時には、ホトトギスの上にクズやセイタカアワダチソウなどが覆っており、その可憐な姿をあまり見ることができませんでした。しかし、その日の保全作業の時に、がんばって上の草を退治してくれたおかげで、とても美しく咲く姿が見られました。
花にある点々が、鳥のホトトギス(トーキョートッキョキョカキョクと鳴く鳥です)の胸元にある模様に似ているため、この名前がついたようです。
このホトトギスは、森を保全していて咲き出したものです。

20150915_dsc_0955

森の中を歩いていると、ヒガンバナが咲き出していました。お彼岸の前になると、ぽっと咲くこの花。時期をはずさず出てくるのは、毎年すごいなぁと関心しています。

20150915_dsc_0959

最後に、アキノギンリョウソウも姿をあらわしはじめました。花の見頃は、今週末ぐらいでしょうか。他の菌から栄養をもらって育つため、白い茎に、白い花。花の部分が龍の頭のように見えるので、ギンリョウソウ。秋に出るので、「アキノ」がつきました。
これを見た子どもは「おばけみたい!」と言っていました。

過ごしやすい気候ですが、『蚊』にも過ごしやすい季節なのか、とっても蚊がいっぱいです!虫に花に、いろいろ見ごろがいっぱいの森、ぜひ蚊の対策(長袖・長ズボンがいいです)をばっちりして遊びに来てください!

|

« 秋らしくなってきました | トップページ | あきのいろ »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋らしくなってきました | トップページ | あきのいろ »