« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

大阪 森でチャレンジ! 1・2・3! 夏は生き物!

大阪の環境事業協会さんと実施しているイベントで、小学校4~6年生の子どもだけを対象としているイベント「森でチャレンジ! 1・2・3!」が今日行われました。このイベントは森の様々な体験へのチャレンジを、夏・秋・冬の3連続で実施するもので、人気が高かったため昨年度から定員を20人に拡大しています。

今日はその第1弾、「夏は生き物」でした。環境事業協会さんのイベントで森に来たことのある子も少なくなく、今年も大人気で森のスタッフも嬉しい限りです。


森に来た子どもには、まず森のいきものたちの話をしていきもの達への好奇心を高めてもらってから森に出発します。その初っぱなにくさはらへ行くと…
01_img_7440
↑ いろんなバッタやコオロギなどが次々と子ども達を出迎えてくれます。

02_dsc_8246
↑ カマキリもみつかりました!
カードに書かれている「ぶきをもったいきもの」はこれでクリアーですね。

03_dsc_8237
↑ 大きなスズメバチの死骸が落ちていました。動かないとわかっていてもまだ少し怖い!

森の中へと進んでいくと子ども達の目はいろんなものを見つけてくれました。

04_img_7476
↑ プニプニのキノコ!たくさんの子がさわっていました!

05_img_7465
↑ 作りかけのままの小さなハチの巣。六角形がきれいに並んでいます。

06_img_7488
↑ 樹液の出ている木の前を通ったら、上からクワガタが落ちてきてビックリ!!

07_7305743
↑ こちらはササ舟に挑戦中。上手くできたかな?

08_img_7517
↑ 大きなホットケーキのようなキノコまでありました!ふわっふわでした!!

森をぐるりと探険したところでお昼ご飯に。
みんな外へ出て木陰のベンチなどに座って食べていました。


お昼からは生き物つかみに挑戦です。まずは森のいきものつかみから。
今回は3つの班に分かれて行いました。

09_dsc_8266
↑ 音で班分けしました。同じ音を頼りに班の仲間を捜しました。
 班が分かれたら、虫アミとカゴを持って森へ出発!!

10_dsc_8297
↑ バッタなんかは手づかみでいっちゃいます!

11_7305761
↑ 中の虫を逃がさないようにそーっと虫カゴへ

12_img_7586
↑ チョウチョも捕まえて、羽を傷つけないように優しく移します。

今日は高学年らしく、ある昆虫が大人気でした。

13_dsc_8294
14_dsc_8276
↑ みんな一生懸命に網をふるっていました

15_7305769
↑ そう、トンボです。羽の黒いハグロトンボやシオカラトンボなどをほとんどの子が
 捕まえていました。

16_img_7630
↑ 手際の良い網捌きでトンボを捕らえる子もいました。お見事!!

17_img_7612
↑ こちらは仲良くゲット!

虫つかみを満喫した後はオヤツ休憩です。
オヤツを作るのにもチャレンジ!

18_img_7657_2
↑ 今日は手作りアイスクリーム!アイスの材料を氷の中でもみもみ!

19_img_7673
↑ 固まったら手早く取り分けます。

20_img_7676
↑ 簡単だけど冷たくておいしい~!!

オヤツ休憩の後はもう一つのいきものつかみです!
着替えて川へ入ります。
21_dsc_8353
↑ 川の水はつめたーい!周りが暑いのでみんな積極的に水の中に入っていました。

22_dsc_8358
↑ 「なんか捕まえたよー」

23_7305796
↑ みんなが捕まえた魚やヤゴなどを観察している子も。

24_dsc_8389
↑ 高学年なので大きな網で協力して捕まえることにもチャレンジしました!
 追い込む子と網を持つ子の連携が大事でした~

25_img_7684
↑ 最後はどんないきものが捕まえられたのか、みんなで観察しました。
 魚やヤゴ、サワガニなどを合計15種類ほど捕まえる事ができました!

26_img_7687
↑ 自分達で捕まえた生き物なのでけっこう真剣に見ている子も多かったです。

27_img_7742
↑ 今日はなかなか捕まらなかったカナヘビ!大阪の子にもやっぱり人気!


今日は撮っても暑い中みんなたくさん楽しんで、帰りのバスの中はさぞぐっすりだったんじゃないでしょうか?

次回は秋!今回とはまた違ったチャレンジが待っているので、また森へみんな元気に来て下さい!
                                  masu

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

環境事業協会 「夏の里山と田舎体験」

台風11号もこの森では大きな被害を受けることなく過ぎ去り、曇り空の中でしたが無事イベントを行うことができました。
大阪の環境事業協会と一緒に行っている、「夏の里山と田舎体験」です。
このイベントには大阪府に在住の親子8組が、バスで2時間半かけて来てくれました。

まずは、この森にいるいきものの紹介も兼ねて、雨の時にはいきものたちはどこにいるの?といった話をセンターの中で聞きました。
そして、森にたんけんに出発!
昨日の夜まで雨が降っていたのでいきものたちはいるかな~?と思っていましたが、いましたいました!たくさん!
Dsc_7432
つかまえました!

Img_6697
バッタです!

Img_6704
こちらもつかまえました!

Dsc_7443
両手にキャッチ!

雨の後なので、今しかできないこんなこともしてみました。
水玉を指先に、、
P7180210
上手にのせられるとぷるるんっとして、水玉レンズにもなります。

さらに、雨の後だからこそたくさんいる、カタツムリも。
Dsc_7449
他にも、色とりどりのキノコ見つけました。

たんけんの最後は、サワガニをつかむチャレンジ。
Dsc_7465
はじめは少しこわいけど、手のひらにのせればハサミに挟まれずに持つことができます。

P7180214
手のひらの上でテクテクと歩くカニを、うまく交互に両手を渡しています。

Dsc_7472
森の半分くらいをくるっと歩いただけですが、たっぷり楽しみました。

お昼を食べた後は、また森に行きます。

今度のメインはいきものつかみ。
森の中と、くさはらでいきものをつかみます。
Img_6754
くさはらではやっぱりバッタ!

Img_6760
森の中ではやっぱりカタツムリ!

もちろんそれだけではありません。
他にも、チョウチョやトンボなども網を使ってつかまえたり、
今回はあまり気温が上がらなかったおかげか、カナヘビもたくさん出てきていました。
Dsc_7505
足の速いカナヘビは何人かで追い込みながらつかまえました。

そしてセンターに帰ってきたら、かき氷で少し休憩。Img_6784

休憩の後は、、自分たちでつかまえたいきもので図鑑作りをしました。

画用紙で、本から自分たちで作ります。Img_6803_2

そして、図鑑で名前を調べたり
P7180217

20倍に拡大できる実態顕微鏡で大きくして見て、いきものの特徴を観察して、P7180222
見つけた発見を図鑑に書き込みました。

これで、この森でのプログラムは終わりですが、このイベント「夏の里山と田舎体験」はまだまだ続きます。
この後は、愛東の民泊先のお家にバトンタッチ
明日は農家での田舎体験です。
夏休み始めの土日、東近江でたくさん楽しんで帰ってくださいね。

そして、この森では明日から、クイズラリーが始まります。
無料でできて、10問中7問正解すると景品ももらえます。
さらに上級編ではいろんなチャレンジを用意しているので、ぜひ来てくださいね。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

夏の気配?

先週の土曜日頃から森のセミたちも鳴きだしたようです。

今日は森に時折来てくれている写真好きな高校生がふらっと森に来てくれて、
スタッフと話していると偶然こんな虫を見つけました。
その子が撮ってくれた写真で少し紹介したいと思います。

20150703_mg_8128
↑森の宝石の1つ、タマムシです!

20150703_mg_8164
↑意外に噛まれたら痛そうな口をしています

20150703_mg_8192
↑飛び立つ瞬間!体の下側も、羽に覆われている背中側もどこもかしこも金ピカです!
数十分粘ってなかなか見応えのある写真を撮ってくれました!

他に最近見られるものとしましては、

20150703_img_5755
↑先週ネイチャーセンターの裏手の水辺でネジバナが咲きました!
今年はなかなか時期が遅いようです。

20150703_img_5760
↑咲くのを待ちわびていたようにマダラコガネが来ていました。

もう夏らしい気候になってきました!
訪れる方もこれから増えてくると思いますので一応、
「森で見つけたいきものは、お帰りの際には必ず森に返す」ようにしてくださいね!

masu

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

ピンク色の変わった花、ネムノキ

おはようございます。

7月に入りましたね。6月の1ヶ月、あっという間に過ぎ去っていき、気づいたら夏がもう目の前です。
遊林会のホームページで、毎月壁紙 を配信しているのをご存じでしょうか?
その月にあった、森の景色や季節の植物や昆虫などと一緒に、カレンダー(森の休館日つき)が載っています。
今月は、梅雨ということもあり、「キノコと森」の壁紙です。
例年、7月にはどんな壁紙が多いかというと・・・
1p7022505 ダントツで、「ネムノキ」が多いです。
ちょうど、今の季節に琵琶湖の湖岸などを走っていてもたくさん見ることができます。
6月の中旬から咲きだし、いつか撮ろう!と思っていたら・・・
3p7022492 もう、散りだしていました。
こちらは、ネイチャーセンター前にある水辺付近のネムノキの花です。赤いひも状の花が一本一本おちるわけでなく、根元から落ちるのですね。
2p7022496_2 こちらは、林冠トレイルの降り口で拾ったネムノキの花です。
ネムノキといえば、マメ科の植物で、秋から冬にかけて豆の実ができます。よく枝に豆のさやがぶらさがっているのを見かけます。
実ができるためには、「おしべ」と「めしべ」が必要です。
上の写真で、赤色で先に黄色いものがついているのが、「おしべ」。
他の花より少し長くピンと伸びているのが、「めしべ」です。
まず、「おしべ」が先に伸びて、その後「めしべ」が伸びることによって、自家受粉を防いでいるのです。
4p7022501 ↑林冠トレイルの降り口では、とっても近くで花を観察することができます。
ネムノキは、本当にたくさん花を咲かせます。まだまだ、つぼみも残っています。
でも、地面に花がおちてしまったということは、実をつけることはできないということですね。
あれだけたくさん花を咲かすのは、風や雨で花が落ちてしまうことも見込んでのことなのかもしれません。
植物は、実をつけるため、成長するために、本当にいろんな戦略を持っていて、いつも驚かせられます。すごいなぁ~
5p7022500
雨にも、風にも負けず、この梅雨を乗り切ったものが、実をつけるネムノキ。
花の季節や実ができた後などにしか注目していませんでしたが、せっかく間近に見ることができるので、豆が育っていく様子も見ないといけませんね!
7月に入り、学校や団体の対応も少なくなってきました。
これから夏に向けて、森に来る人に楽しんでもらえるよう準備にはげみます!
夏休みには、子ども向けのイベントを行います!*チラシはこちら
イベントの申込は、来週の9日(木)17時までになっています。
今日は晴れですが、週末はまた天気が崩れそうですね。
森のネムノキは少し旬がすぎましたが、水辺やくさはらの足下にはネジバナが咲き出したり、森の中にはオレンジ色のヤブカンゾウが咲き出しました。
雨のおかげでキノコもたくさん見られますよ!  bun

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »