« 新年おめでとうございます | トップページ | 春の足音 »

2015年1月24日 (土)

生き物の痕跡

なかなか更新できずにすみません。最近、中での仕事が多く森になかなか行けませんでした。ようやく今日、久しぶりに森の中を歩きました。

20150124_8839
↑ 年が明けてどんよりした天気が続いていましたが、今日は久しぶりに青空でした。そんな中、ヤブツバキの花が咲いています。木偏に春と書くこの木の花が本格的に咲くのはまだこれからですが、今年は例年より早く咲き始めているように感じます。

20150124_8784
↑ 花は花でもこの木の花は嫌われています。スギの雄花です。写真のものをまだ咲いている状態ではないですが、まもなく花粉を飛ばしそうです。

20150124_8792
↑ 一方、こちらはスギの雌花です。花というより既に実のような立派な形をしています。

20150124_8799
↑ こちらは年末までしっかり実がついていたはずのサネカズラの実の跡。すっかり鳥に食べられてしまったようです。

20150124_8811
↑ こちらも、実の部分を鳥に食べられた後にポイッと捨てられたリュウノヒゲの種子。何かで磨いたかのように輝いています。

20150124_8805
↑ リュウノヒゲはよく鳥に食べられますが、このように落ち葉の下に隠れている実はまだ残っています。まあ、このリュウノヒゲにとっては早く食べて種子を運んで欲しいのだと思うのですが・・・

20150124_8830
↑ ドングリが落ちる時期は既に終わっていますが、積雪の後にこうして残っているドングリには、深みのあるニスを塗ったような不思議なツヤが出ていることがあり、きれいです。

20150124_8858
↑ 森の中に陽が射すと、落ち葉に反射してまぶしいくらいです。「茶色がキラキラと光っている」感じです。

20150124_8808
↑ こちらもある意味、茶色が光っています。タマキクラゲというキノコですね。子どもたちには結構人気です。

20150124_8863
↑ 森では野鳥の鳴き声がたくさん聞こえますが、地面にはこんな動物の痕跡が・・・ノウサギの糞ですね。ノウサギの姿はまず見つけられませんが、糞を探して、「ああ、まだ来てくれているな」と確認ができます。

20150124_8796
↑ こちらも、姿は見えなくても確認できる生き物。モグラが作ったモグラ塚。トンネルを掘る過程で発生した土の捨て場です。この塚はかなり大きかったです。

20150124_8797
↑ 先ほどのモグラ塚の拡大写真。よく見ると、土だけでなく、4cmくらいの大きな石も混ざっています。この森は河辺林のため、地面を掘るとすぐに川砂利がたくさん出てくるので、モグラがトンネルを掘ってもすぐに大小様々な石にぶつかると思います。しかし、これくらいのサイズの石ならよけて掘るのではなく、そのまま掘って運んでくるのですね。小さなモグラが、この石をよいしょよいしょと地面に押し上げる様子を想像すると、さぞかし大変だろうなあと思います。

生き物には会えなくても、痕跡からいろいろな想像ができて楽しいですね。

                                        MARU


|

« 新年おめでとうございます | トップページ | 春の足音 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年おめでとうございます | トップページ | 春の足音 »