« 春から夏へ | トップページ | 嵐の前 »

2014年6月22日 (日)

ようやく雨

梅雨らしく雨が降って欲しいのですが、かといって毎日やってくる学校の子どもたちにとっては土砂降りだと気の毒だし…と思っていたら、今週は子どもたちがやってくる日や大きな団体が入っている日はほとんど雨も降らず、今日、モリイコ!の活動日に久しぶりにまとまった雨が降るという、非常に良い雨の降り方をしてくれました。
え?雨降りに来たモリイコ!の子どもたちがかわいそう?
いえいえ、モリイコ!は1年に10回も活動しますから、雨が降ってもどんとこい!ですし、そもそも子どもたちは雨でも一向に気にせず、楽しく活動をしていました。

さて、森はこの雨でまた季節が進みそうです。
20140622_0609
↑ 今、ホタルブクロが盛りを迎えています。どこにでも生えるという訳ではありませんが、林縁部にはまとまって花が咲く場所があり、これでもかというほどたくさん花をつけている株もあります。
20140622_0735
↑ オオバギボウシもきれいです。しかしこの花は、写真を撮るのが難しい。なかなか納得のいく写真を撮れません。
20140622_0744
↑ 環境省のレッドデータブックで「準絶滅危惧種」に指定されているハイハマボッスも咲いています。常に撹乱される水際の土壌に生育し、安定してしまうとなくなってしまいます。
20140622_0750
↑ ハイハマボッスの花。直径2~3mmの小さな花ですが、端正できれいです。
20140622_0726

↑ なかなか見る機会が少ないですが、サカキの花も咲いています。神前に葉を供えるサカキは、花より葉っぱの方がよく知られていますね。こうしてみると、花もなかなかきれいです。
20140622_0626
↑ ヒメコウゾは花から実になってきました。鮮やかなオレンジ色の実は食べられ、甘くて美味しいのですが、毛が舌触りの邪魔になるので、子どもたちの反応はちょっとビミョーです。
20140622_0700
↑ 森に1本しか生えていないイタヤカエデを増やすために、実生苗を移植した場所があるのですが、その若いイタヤカエデの木にはよくハチがやってきます。こちら見事なオオスズメバチ。
20140622_0715
↑ こちらも同じ木にやってきているヒメスズメバチ。
20140622_0718
↑ そしてこちら同じ木の枝で休んでいるアマガエル(笑)。もちろん樹液が目当てではありません。でも、樹液に寄ってきた虫を狙っていたりして…
20140622_0669
↑ 夏のトンボ、ハグロトンボも姿を見せ始めました。
20140622_0636
↑ カマキリもずいぶんと大きくなってきました。
20140622_0677
↑ カマキリは、何回撮っても楽しい昆虫です。今日も見つけるたびに思わず撮ってしまいました。
20140622_0628
↑ 後ろから見ても絵になる生き物です。
20140622_0644
↑ そして下から見ても…何だか、カマキリを見ると一生懸命生きているなあと感じずにはいられません。ちなみにこのカマキリは、上の枝に飛び移ろうと目測しているところで、このあと上手に飛び移りました。

久しぶりの雨で、また森は生き生きとしそうです。

                                    MARU

|

« 春から夏へ | トップページ | 嵐の前 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春から夏へ | トップページ | 嵐の前 »