« 雨の新緑 | トップページ | 緑深まる »

2014年5月 4日 (日)

ゴールデンなモノ

連休まっさかり、本日は絶好の行楽日和です。森には朝から家族連れの姿が見られますが、森には「人が押し寄せてくる」ということはあまり無いので、みなさんとてものんびりと過ごされている感じです。

さて、森ではゴールデンウィーク恒例(?)のヤマツツジが見頃を迎えています。

20140503_9234

↑ 高さ4mほどにもなろうかという、大きな大きなヤマツツジの株です。新緑の中に、燃えるように咲いています。

20140504_9333

↑ ヤマツツジの咲きぶりやその朱色は、キリシマツツジやサツキなどと比べると落ち着いて見えますが、やはり自然の中では異色で、大いに存在感を示してくれます。

20140504_9361

↑ この後に咲き始めるモチツツジの蕾は、まだギュッと閉じています。「モチ」の名の如く、ネバネバした毛だけがキラキラと光っていました。

20140504_9375

↑ この森のサクラは、ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カスミザクラが既に終わり、今最後のイヌザクラが咲いています。しかし、地味な花なのでそこに咲いているよと言われなければ、普通気づくことは無いでしょうね。

20140504_9323

↑ 先のイヌザクラの白い花穂にもひっかかっていますが、茶色の毛虫のようなものはドングリの花で、ちょうどこれももう咲き終わって次々と落ちているところです。しかし今年は、その量が尋常ではありません。この写真は森の中の川の様子ですが、もう川面を埋め尽くすほどです。かつて、こんなに大量にドングリの花が落ちたことは無かったのではないでしょうか。職員用の駐車場では、いつもの場所に車を止めておくと帰る頃には車がドングリの花まみれになるので、駐車場所を変えたほどです。花が多い=ドングリ豊作ということになれば良いのですが、実はこの花の大半はクヌギとアベマキという種類のドングリで、いずれも2年かかって実がなるタイプです。だから、豊作になるとしても2015年の秋ということになります。

20140504_9313

↑ いやあ、もう本当に緑がきれいです。でも、数日前に比べると着実に色が濃くなってきています。この時期は本当に急ぎ足で季節が進みます。

20140504_9392

↑ この森ではツル性植物の多くは里山保全のために切ってしまいますが、中には生き残っているものもいます。こちらは生き残ったフジ。花が咲いて初めて、「あ、あんな所にもあった」と気づきます。フジの花にはよくクマバチがやってきますね。

20140503_9253

↑ 小さな小さなクチナシグサも見頃です。この森では毎年少しずつ、生息場所を増やしているように思います。小さくて目立ちませんが、よく見ると可愛い形をしているきれいな花です。

20140504800_9401

↑ 最後は“ゴールデン”なもの。シロダモの新葉です。今まさに黄金色です。特に、太陽が当たると光り輝いています。この写真、クリックすると大きくなります。

連休も残すところあと2日。明日5日(月)、森は休館日ですが、無料でできるスタンプラリーは無人状態で実施できるようにしておきます。でも、明日は午後から雨予報ですね。6日(火)は開館してますからぜひどうぞ!

                                      MARU

|

« 雨の新緑 | トップページ | 緑深まる »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の新緑 | トップページ | 緑深まる »