« 本日の発見 | トップページ | プチモリイコ!春の森をたんけんしよう! »

2014年5月24日 (土)

耳をすませば

昨日のフォトログに書くのを忘れていましたが、森では昨日(5月23日)からホトトギスの声が聞こえてきました。といっても、盛んに鳴いていたのは昨日のみで、今日は朝から一度も声を聞きませんでした。
ホーホケキョとなくウグイスの声や、トウキョウトッキョキョカキョクと聞きなすホトトギスの声が響く森の中を、昨日の小学4年生たちは歩いたわけですが、ウグイスとホトトギスと言えば「托卵」の話題が出てきますので、4年生たちにもその話をすると、みんな驚いていました。

さて、今日も森では朝から変わった鳥の鳴き声を聞きました。結論から言うと、姿は見えなかったのですが、特徴的なあの声はきっと「カケス」だと思います。この森から少し上流の方に行くと、カケスは普通にいますので、実際に鳴いているところは何度も聞いたことがありますが、この森ではまだカケスの姿を見たことがありません。
これまでにも1年に1回か2回、ごくたまにあの鳴き声を聞いたことがあるのですが、残念ながら今回も姿は確認できず…しかも朝に数分鳴いていただけで、そのあとはまったく声が聞こえませんでした。
20140524_9903
↑ところで、これはオオバコです。ありふれたオオバコ。オオバコ相撲をとるオオバコです。
20140524_9899
↑ これもオオバコです。けれど、「何か違うな~」と思っていたら、同じように思っていたスタッフが早速調べました。北アメリカ原産の「ツボミオオバコ」のようです。その名の通り、先ほどのオオバコの写真のように白い花が咲かず、この写真の状態で既に花が咲いているのですが、蕾のように見えるのでツボミオオバコだそうです。今年、ネイチャーセンターの裏手にはこのツボミオオバコが広がっています。ここは去年まで普通のオオバコに占められていたように思うのですが…外来種に置き換わってしまったのでしょうか?
20140524_9871
↑ こちらは、今食べ頃のクサイチゴ。昨日の4年生の何人かと食べてみたのですが、あまりにおいしさに感激していました。アリが中に入っている場合があるので、食べる前に一度確認した方がいいです。
20140524_9883
↑ モチツツジのピンク色の花もきれいですが、この咲く前の蕾を逆光で見るのも好きです。森の中でこういう光景に出会うとハッとしますね。
20140524_9894
↑ そろそろ出てきたオニノヤガラ。今年もたくさん出そうです。この状態ではどう見ても茶色のアスパラガスですね。
20140524_9882
↑ 今日もきれいだったコアジサイ。まだ見頃とまでは行きませんが、この時期の密かな楽しみです。

さて、タイトルの「耳をすませば」の通り、ホトトギスとカケスの鳴き声に耳をすませてみたのですが、実はもうひとつ、今日この森で初めて聞いた声がありました。どうやら、ハルゼミがいるようです。ネイチャーセンターにいるときに聞こえてきたので、慌てて姿を探しに行ったのですが、すでに鳴きやんでいて確認できませんでした。
ハルゼミはアカマツ林にすむのですが、この森にはアカマツが数本しかありません。たまたま通りかかったのか…?よく分かりません。このハルゼミらしき声も、しばらく鳴いたっきり二度目は聞こえませんでした。

しばらくの間、森では耳をすませていたいと思います。
                                       MARU

|

« 本日の発見 | トップページ | プチモリイコ!春の森をたんけんしよう! »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の発見 | トップページ | プチモリイコ!春の森をたんけんしよう! »