« 春爛漫 | トップページ | コブシ咲く »

2014年4月 5日 (土)

Canon派第1号です

初めまして。この春から新しくスタッフに加わった升方(ますかた)です。昨年買ったまま持て余し気味なCanonのEOS 60Dが愛機です。花も鳥も景色も撮りたくて購入するレンズを決めきれない日々です。Canon派は僕が初めてらしく、心細いので皆様絡んでやってください。

僕の初回の投稿では春をテーマに、森の中で見られる「春の味覚」について紹介したいと思います。森の中を歩いていくと、この時期ならではの山菜・食べられる野草がいくつも見られます。

20140405img_1107
タラの芽

「山菜の王様」とも呼ばれるほど味・香りがよく、ほとんどの人が知っている山菜。新芽だけを折り採って天ぷらなどでいただく。けれど一番芽、二番芽まで採ってしまうとタラの木自体がよわってしまうため注意が必要です。

20140405img_1120

ヤブカンゾウはMARUさんの紹介にもあるユリ科の甘みのある草。茹でて酢味噌などであえるとお酒のアテにも美味しいものです。

20140405img_1168
アケビは秋頃に食べられる実の他に、春先のやわらかい新芽やツルも食べる事が出来ます。葉が開く前に摘み取って、茹でてお浸しなどに。 

20140405img_1015
ミツバは和食では割とお馴染みですね。 

20140405img_1130

フキノトウ

だいぶ開いてしまいましたが山菜として有名なフキノトウ。ご存じの方もいるでしょうが、フキの花芽がフキノトウです。まわりにフキの丸い葉が出ていますね。

 

20140405img_1179
ハコベは春の七草にも含まれています。白い小さな花が可愛いので、個人的に好きな植物の1つです。

 他にも食べられる野草はありますが、今回はここまでです。注意としては、この森に生えている植物を持ち帰ることは出来ません!!なので食べたいという方は、

 ①ご自身で実際に野山へ行って採ってくる

 ②道の駅やスーパーで購入する

 ③料亭などで調理されたものを味わう

という選択肢があります。出来るなら是非①の「自分で山へ行って採る」をおすすめします。実際に野山で生育している姿を見て、自分の手で摘み取る方が味わいが深くなると思います。

 

ますかた

※先輩スタッフより注記!

「野山」にも所有者がいます。きちんと所有者に了解をもらってから採るようにしましょう!

|

« 春爛漫 | トップページ | コブシ咲く »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春爛漫 | トップページ | コブシ咲く »