« つららたち | トップページ | 森でチャレンジ1・2・3 ~冬はたき火~  »

2014年2月20日 (木)

竹柵づくり

朝の気温が低い日が続いていますが、日中はかなり暖かく感じるようになってきました。

今日は遊林会「木ままクラブ」活動日。先週の木ままクラブ活動日から、ある作業を本格的に始めています。それは…

20140220_7602

↑ 森の正面入り口にポツポツと立っている木杭。ここに、竹柵を新調する作業です。ここには、10年以上前に八日市南高校生たちが立派な竹柵を作っていてくれたのですが、さすがに年月を経て破損がひどくなってしまったので、すっかり撤去したのです。ただ、当時の木杭だけはまだしっかりとしていたため、抜かずに再利用することにしました。

20140220_7606

↑ さて、改修した竹柵がこちら!なかなか見事でしょう!竹柵の種類は非常に多いのですが、この形や作り方に到達するまでには先週の木ままクラブでずいぶんと試行錯誤を重ねました。

20140220_7611

↑ ここに竹柵を作るに当たっては、そこそこの太さがあるかなりの量の良質な竹が必要でした。しかし、河辺いきものの森の竹の種類はすべてハチクで、結構細いのです。そこで、今回は河辺いきものの森の道路の反対側にある、この森の森番さんこと松本さんの竹林から、マダケを切らせてもらうことにしました。ありがとうございます。

20140220_7616

↑ 作り方にも、結構こだわりがあります。やっぱり見栄えは大事ですからね。

20140220_7618

↑ 結び方は、「男結び」で統一。みんな結び方を勉強しながら、ていねいに結んでいきました。この竹柵作りの場所は延長距離が40m弱あって、今日できたのはまだ一部です。来週以降も、引き続き竹柵づくりを行いますので、興味ある方はぜひ一緒にやりましょう!

20140220_7624

↑ 森では、気付けばフキノトウがだいぶ大きくなっていました。着実に春に向かっていますね。

2014022025_7628

↑ これ、なんだと思います。今、森に大量に落ちているセンダンの木の実です。野鳥たちがついばみに来て、結構落とすんですよね。わざと落としているとしか思えないのですが、同じセンダンの実にもおいしいのとまずいのがあるのかな?ヒヨドリやムクドリが良く食べに来ています。ちなみにこの写真は、地面に落ちたセンダンの実を浮き上がらせるように、露出補正を-2.5まで落としています。星空のようですね。

明日もいい天気になりそうです。

                                         MARU


|

« つららたち | トップページ | 森でチャレンジ1・2・3 ~冬はたき火~  »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つららたち | トップページ | 森でチャレンジ1・2・3 ~冬はたき火~  »