« 冷たい空気 | トップページ | 竹柵づくり »

2014年2月 7日 (金)

つららたち

マイナス6℃という今朝の予報ははずれ、結局0℃程度だったようですが、昨晩からず~っと0℃前後の気温が続いていたために冷え切った朝となりました。

本日も出勤時に目についたのはつらら。昨日のつららが溶けずにそのまま凍っていました。しかしその形は、こんな風に・・・

20140207_7250

↑ な、なんじゃこりゃ~!です。屋根に積もった雪が、昨日丸一日かけて少しずつずれ落ちてきたのですが、寒すぎて落下するまでに至らず、つららが押し出されて曲がった状態で保たれ、そこに水滴が垂れてきてまた凍ったようです。

20140207_7312

↑ こちら、長さ約80cmの特大・特太のつらら。見事です!

20140207_7257

↑ こちらは積んでおいた柴についたつらら。きれいですね~。

20140207_7279

↑ 森の雪はまだとけていません。キノコにも積もったまま。

20140207_7269

↑ ほとんどタネが散ったウバユリのさやの中には、まだ散らずに残っている物がありました。こんな細い茎なのに、この風雪によく耐えましたね~

20140207_7280

↑ オオカマキリの卵も、雪の中で耐えています。無事に産まれてくるといいですね。

明日は遊林会の里山保全活動の日ですが、雪マークです。予想最高気温は2℃。寒い一日になりそうです。暖かい格好でお越しください!。

                                           MARU

|

« 冷たい空気 | トップページ | 竹柵づくり »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷たい空気 | トップページ | 竹柵づくり »