« 冬模様 | トップページ | 冬の森でデイキャンプ »

2013年12月25日 (水)

実がたくさん

今年も残りわずか。本日は、「こんな良い天気は今年で最後か!?」というほどの好天に恵まれ、遊林会による今年最後の里山保全活動も無事に終えることができました。

20131225_6151

↑ 見事な青空を背景に、葉っぱを落とした木々が堂々と立ちます。いつも撮影する、お気に入りのケヤキです。

20131225_6182

↑ この陽気のせいか、もうヤブツバキが咲いていました!このヤブツバキの木は、森にたくさん生えているヤブツバキの中でも毎年早く花をつける木ですが、それにしても12月に咲くなんて早いです。

20131225_6155

↑ 秋にたくさん実っていた実が、少しずつ落ちたり鳥に食べられたりしてなくなっていっています。先日までたくさんあったのにもう一粒だけ?…と思うことも少なくなく、こうした場合はたいてい野鳥たちが食べに来たのでしょう。このムラサキシキブの木は残りあと一粒!

20131225_6170

↑ こちらはコウヤボウキ。タンポポほどではありませんが、綿毛のような毛の先端にタネが付いています。この毛、光が当たるときれいなので冬の森で見つけるとうれしいです。

20131225_6186

↑ 今年、森はいろいろな植物の実が豊作でした。地面からひっそりと生えているこの木(草ではありません!)、ヤブコウジ(別名:十両)にもたくさん赤い実がついています。写真のものは、7個も実がついていました。

20131225_6188

↑ このシュンランのタネが入ったサヤも、今年は豊作?でした。これは、この森で十年に数回しか見つけたことがないほどめったに見られないものなのですが、今年だけで3本も見つけました。でも、このあと順調にタネが出るかどうかは分かりません。

20131225_6194

↑ 何とも言えないブルーが美しいジャノヒゲの実も、今年はたくさん実りました。このジャノヒゲなど、ブドウのようにたくさん実っています。

20131225_6211

↑ 最後の3枚は、パソコンの壁紙サイズで画像を加工してあります。以下3枚、クリックすると大きくなるのでよろしければどうぞ。こちらは逆光で撮ったフユイチゴ。フユイチゴもたくさん実りました。

20131225_6239_2

↑ 次はサネカズラ。これも今年はたくさん実りました。でも、写真写りの良い実を探すのは案外たいへんです。

20131225_6227

↑ 最後はナンテン。こちらも今年はたわわに実りすぎて、ほとんどのナンテンが頭を垂れています。

ネイチャーセンターは12月27日(金)まで開館し、職員は28日(土)まで出勤しています。冬の森には誰も来ないかというとそうではなく、今日も子どもを連れた家族が何組か散策を楽しみ、明日は一日中、今年最後の子ども向けイベントがあります。

冬の森歩きも楽しいですよ。

                                        MARU

|

« 冬模様 | トップページ | 冬の森でデイキャンプ »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬模様 | トップページ | 冬の森でデイキャンプ »