« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

よいお年を

仕事納めの本日は初雪!でした。朝方にかけて降った雪なので、夜の間に動くノウサギやキツネたちの足跡を見ることはできませんでしたが、昨日から一変した森はとてもきれいでした。

20131228_6288

↑ まず目を奪われるのが、ネイチャーセンター裏のケヤキ大木。枝に積もった雪がきれいです。

このあと、スタッフみんなで林冠トレイルへと登ってみました。

20131228_6252

↑ 結構積もっていますね。11cmほど積もっていました。

20131228850_6258_2

↑ この時はちょうど雪がやみ、少し青空が見えました。この写真、クリックすると大きくなります。

20131228_6271

↑ 枝にはたくさんの雪が積もり、白と黒のコントラストがきれいです。しかし枝に積もった雪はあっという間に溶けてしまうので、朝の早いうちにしか楽しめません。

20131228850_6264

↑ 一面まっ白!しかしこの1~2時間後には木々の雪は消えて無くなりました。この写真、クリックすると大きくなります。

201312282014_6283

↑ 最後はスタッフが人文字。う~ん、何て書いてるんでしょう?正解は、2・0・1・4でした!ちょっと無理があるかな…

2014年も、どうぞよろしくお願いします!

                                        MARU


| | コメント (0)

2013年12月26日 (木)

冬の森でデイキャンプ

 さて、今年最後の森のイベントは、モリイコの参加申込み対象者のみのイベントです。小学校1年生から3年生まで、30人の子どもたちが集まりました!
20131226_pc261422_2
まずはみんなでちょっとした遊びで仲良くなります。

20131226_pc269051
早速お昼の準備。今日は炊きこみご飯とシチュー。みんなで相談して作ります。

20131226_dsc_1686
 
お次はたき火です。まずはたき火のやり方を覚えてもらい、マッチの練習をします。
マッチをすったことのない子ども、たき火をしたことのない子どももたくさんいましたが、何事も初めてに挑戦です!無事に美味しいご飯ができあがりました。

20131226_pc269072
作ったご飯も自分達で運びます。

20131226_pc269082
さて、自分達で作ったお昼ごはんです。美味しくない訳がありません!

20131226_pc269101_3
食べたあとの始末も子どもたちでします。水が冷たいですが、交代して洗います。
ススを洗うのがとっても大変ですが、みんなでがやがやいいながら終わりました。

20131226_pc261538
さて、ご飯を食べたあとは森探険が待っています。小雨がちらつく中でしたが、子どもたちは元気です!こちらはパチンコに挑戦!まわりに落ちているドングリを拾って、的に当てることができればクリア、です。

20131226_pc269067
こちらは竹を使ってのドングリ転がしゲームです。落とさないように、ゆっくり、ゆっくり。

20131226_pc261506
こちらのお題は、自然素材で”めがねの人”を作ろう、です。
この班はみんなお茶目さんが集まったのかな?

20131226_dsc_1803
 
全てのミッションをクリアし、いよいよ宝箱をあける、瞬間です。
子どものドキドキが伝わってきますね。

20131226_pc261606

そして最後は門松作り。竹を切って、飾り付けをしていきます。竹を切る時は二人一組になり、切らない人は押さえてあげます。ノコギリのコツの1つに、切る材料がぐらぐらしない、ということがあります。協力が大事。

20131226_kadomatu

 さて、最後はミッションを解いてゲットしたおやつを食べて終わりました。今日楽しかったことなど、話し合いながら楽しい一日が終わりました。

                                                出海

| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

実がたくさん

今年も残りわずか。本日は、「こんな良い天気は今年で最後か!?」というほどの好天に恵まれ、遊林会による今年最後の里山保全活動も無事に終えることができました。

20131225_6151

↑ 見事な青空を背景に、葉っぱを落とした木々が堂々と立ちます。いつも撮影する、お気に入りのケヤキです。

20131225_6182

↑ この陽気のせいか、もうヤブツバキが咲いていました!このヤブツバキの木は、森にたくさん生えているヤブツバキの中でも毎年早く花をつける木ですが、それにしても12月に咲くなんて早いです。

20131225_6155

↑ 秋にたくさん実っていた実が、少しずつ落ちたり鳥に食べられたりしてなくなっていっています。先日までたくさんあったのにもう一粒だけ?…と思うことも少なくなく、こうした場合はたいてい野鳥たちが食べに来たのでしょう。このムラサキシキブの木は残りあと一粒!

20131225_6170

↑ こちらはコウヤボウキ。タンポポほどではありませんが、綿毛のような毛の先端にタネが付いています。この毛、光が当たるときれいなので冬の森で見つけるとうれしいです。

20131225_6186

↑ 今年、森はいろいろな植物の実が豊作でした。地面からひっそりと生えているこの木(草ではありません!)、ヤブコウジ(別名:十両)にもたくさん赤い実がついています。写真のものは、7個も実がついていました。

20131225_6188

↑ このシュンランのタネが入ったサヤも、今年は豊作?でした。これは、この森で十年に数回しか見つけたことがないほどめったに見られないものなのですが、今年だけで3本も見つけました。でも、このあと順調にタネが出るかどうかは分かりません。

20131225_6194

↑ 何とも言えないブルーが美しいジャノヒゲの実も、今年はたくさん実りました。このジャノヒゲなど、ブドウのようにたくさん実っています。

20131225_6211

↑ 最後の3枚は、パソコンの壁紙サイズで画像を加工してあります。以下3枚、クリックすると大きくなるのでよろしければどうぞ。こちらは逆光で撮ったフユイチゴ。フユイチゴもたくさん実りました。

20131225_6239_2

↑ 次はサネカズラ。これも今年はたくさん実りました。でも、写真写りの良い実を探すのは案外たいへんです。

20131225_6227

↑ 最後はナンテン。こちらも今年はたわわに実りすぎて、ほとんどのナンテンが頭を垂れています。

ネイチャーセンターは12月27日(金)まで開館し、職員は28日(土)まで出勤しています。冬の森には誰も来ないかというとそうではなく、今日も子どもを連れた家族が何組か散策を楽しみ、明日は一日中、今年最後の子ども向けイベントがあります。

冬の森歩きも楽しいですよ。

                                        MARU

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

冬模様

平年よりかなり暖かい日が続きますが、それでも少しずつ冬らしい気候になってきました。

20131212_5938

↑ 1枚、また1枚と葉が散っていきます。

20131212_5966

↑ 落葉樹の中にも、まだ葉を残しているものもあります。こちらはもっと遅くに葉を落とすことが多いコナラ。モミジなどの派手な紅葉が終わったあとだけに、毎年このコナラの落ちついた紅葉を見ると「いいなあ」と思います。

20131212_5979

↑ イロハモミジはもうほとんどが散りましたが、小さな実生は今見頃?です。こうした小さな紅葉を探すのも楽しいものです。

20131212_6017

↑ そして、大量の落ち葉。この上を、ザッ、ザッと音を立てながら歩くのは冬の森の楽しみです。

20131212_5998

↑ まだ葉が茂っているうちから赤い実をつけていたコマユミは、葉を落とした今もたくさんの実をぶらさげています。

20131212_5953

↑ ナンテンも真っ赤に実っています。今年、ナンテンの実は「豊作」といって良いほど大量です。どのナンテンも、たくさんの実をつけて頭が垂れ下がっています。

20131212800_6029

↑ 最後は立派なケヤキ。毎年、この木を見上げる時に季節のうつろいを強く感じます。落葉期には、特に西日を浴びたこの瞬間が好きです。この写真、クリックすると大きくなります。

明日の朝は冷え込みそうです。キリッとした冬の空気の森を歩くのも楽しいですよ。

                                       MARU

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

森のクリスマスコンサート

 恒例の森のコンサートも今回で25回目となりました!
 今回の森のクリスマスコンサートは、トランペット・トロンボーン・ホルン・テューバで構成される金管五重奏でした。
  演奏者の方々は毎回演奏していただいている、日本センチュリー交響楽団のメンバーを中心にこのコンサートのためだけに集まっていただきました!

20131208_2dsc_5727

↑トロンボーン:トロンボーンだけ管の長さを変えて音階を出すそうです。

20131208_3dsc_5702
↑トランペット1:最も代表的な金管楽器で、オーケストラやジャズなど、いろんなジャンルで演奏されています。

20131208_4dsc_5725
↑トランペット2:これもトランペットの1つで、「ピッコロトランペット」というそうです。普通のより小さいので、高い音が出ます。

20131208_5dsc_5744
↑ホルン:ホルンの管を伸ばすと3mにもなるそうです!昔は狩りの時に後ろの人に合図や信号を送っていたそうです。なので、朝顔(口が開いているところ)が後ろ向きになっています。

20131208_6dsc_5754
↑テューバ:金管楽器の中で一番大きく、重厚感のある音が出ます。

20131208_1dsc_5666_3
 今回の曲目は、赤鼻のトナカイやウィーウィッシュアメリークリスマスなどのクリスマスにちなんだ曲や、明るい曲を中心に演奏していただきました。

 今回のコンサートは、定員90名のところを、94名と大変多くのお客様に来ていただきました。これも、湖東信用金庫や滋賀報知新聞、東近江スマイルネットの皆様に温かいご支援をいただいたおかげです。本当にありがとうございました。
 また、ご来場いただいた皆様も本当にありがとうございました。

少し早いですが、「Merry Christmas !」

SHINO

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »