« 10月アラカルト | トップページ | 森のクリスマスコンサートのお知らせ♪ »

2013年11月 3日 (日)

プチ!モリイコ!② 「秋の森で工作をしよう!」

 春に続いてのプチ!モリイコ!②ということで、今回は森の素材を使った工作をしました。
今、森の中にはドングリがたくさん落ちているので、ドングリを使ってコマやヤジロベーなどのおもちゃから、キツネやリスなどの生き物を作ったりとたっぷり工作をしました。

まずは、森の中にドングリを拾いに行くのですが、欲しい分だけとってしまうと森の生き物のエサが無くなるので、「入れ物に入るまでやったら何個でもいいよ!」と拾う数を制限しています。こうすると子どもたちはドングリを手当たり次第拾うのではなく、「穴が空いていないかな?」や「きれいな形のドングリどこ~?」と選りすぐりのドングリを拾います。

20131103_dsc_4823
↑「ん~、いいドングリないかな~?」

20131103_pb036042
↑「いいの見つけた!」

ドングリを探している途中で、大きなキノコや真っ白なキノコなどいろんなキノコを見つけたり、カマキリやコオロギなど生き物も見つかりました!

ドングリを拾い終わったら早速工作を始めます。今日は丸1時間ドングリ工作をすることができて、みなさんいろんなものを作っていました。

20131103_dsc_4781

20131103_dsc_4835

今日は家族毎に錐とニッパーをお貸しして親子で工作をしました。錐は危ないので大人の方がドングリに穴をあけます。子どもたちの仕事は、作るために必要なドングリを選んだり爪楊枝や竹串を持ってくることです。
「親の方で難しい場合は森のスタッフがお手伝いしますよ~」と工作を始める前に言っておきましたが、ほとんど手伝うことなく親の方が頑張って作るのが難しいキツネやリスを作っていました。

20131103_dsc_4798
↑「勝負だ!」
工作の時間がいっぱいあるので、作るだけでなく作った物で他の子と遊んでいました。これはドングリゴマの勝負で、誰が一番最後まで回っているか競っています。コマはドングリに爪楊枝をさすだけで作れますが、良く回るドングリを選んでいるか、爪楊枝をまっすぐさせているかなど結構奥が深い遊びです。

20131103_dsc_4858

20131103_dsc_4794

20131103_pb036087
コマ以外にもヤジロベーを作っていろんな遊びができます。
ヤジロベーは両端のドングリを同じ大きさにすると上手にできますが、それを指やイスの脚など細いところに置いて落とさないように回してみたり、ヤジロベーを何個も作って何段まで積めるか挑戦していました。この森での最高記録は5段ですが、今日は3段が最高記録でした(3段でもかなり難しいですよ)。他には指だけでなく頭や鼻に乗せたり、足の指先に乗せたりといろんなところに乗せていました。

たっぷり工作を楽しんだ後は、焼き芋がまっていました!
ドングリ拾いに行く前に火の中に入れたお芋が、じっくり1時間かけて焼き上がりました!

20131103_dsc_4878
↑「あつつっ!」
焼きたてほっかほかの焼き芋の味はどうだったかな?

20131103_dsc_4816
今日は結構大きな芋を焼いたのですが、小さな子もペロリと食べきってしまいました。

森は紅葉が始まったばかりでまだ緑色の葉っぱが多いですが、ドングリが地面にいっぱい落ちていたり、大人のカマキリを見つけたりと春の森とはまた違った森を楽しめたのではないかと思います。冬になればハチやマムシなど危険な生き物はいないので、自由に森の中を歩けます。いろんな実や、雪が積もれば動物の足跡も見られるのでぜひまた森に遊びに来て下さい。

SHINO

|

« 10月アラカルト | トップページ | 森のクリスマスコンサートのお知らせ♪ »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月アラカルト | トップページ | 森のクリスマスコンサートのお知らせ♪ »