« 秋のはじまり | トップページ | 環境事業協会「たっぷりドングリ」 »

2013年9月18日 (水)

台風一過

近畿地方各地に大きな被害をもたらした台風18号。

河辺いきものの森は、台風接近の日が休館日だったため、前日にテントなどをたたんでおこうかと相談し、「今回は雨台風やし、風は心配ないかな。」ということになったのですが、考えが甘かったようです。

休みが明けて森に来てみるとビックリ!
テントの足が数ヶ所でぐにゃりと折れ曲がり、雨よけのシートはビリビリに破れてしまっていました。
この補修が、遊林会の作業メニューに加わるかもしれません。

休館日ということで、来客もなく、スタッフにもケガなど無かったことをとりあえずここで報告しておきます。


さて、森の中の方もどうなっているのか気になるので、早速朝からパトロールをしてきました。

それにしても、台風一過の空は本当にきれいです!P906167504_2

くまなく森の散策路を見回ったのですが、大きな倒木や施設の破損はなく、大量の枝葉が道に散乱していました。P918213102拾い頃のものから、まだ青いものまで、ドングリもたくさん落ちてしまいました。

まだまだたくさん木に実っているので大丈夫だと思うのですが、これから始まるドングリシーズンの対応が少し心配になってしまいます。


最後に、季節の花を1つだけ紹介しておきましょう。P918212501ヤマジノホトトギス

台風に負けず、くさはら広場の端や木道沿いなどで咲き始めました。
花弁に紫色のまだら模様がある場合が多いのですが、この森の花は純白であることが多いです。

他にも、ヒガンバナが森のあちこちで咲き始めていました。
台風が過ぎ、気温も少し落ち着いたようで、急に秋の気配が漂ってきた森でした。

                                                  Kishii





|

« 秋のはじまり | トップページ | 環境事業協会「たっぷりドングリ」 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のはじまり | トップページ | 環境事業協会「たっぷりドングリ」 »