« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

環境事業協会「たっぷりドングリ」

 さて、本日のお客様は大阪から、いつもの環境事業協会さんです。
イベント名は「たっぷりドングリ」。北海道では、ドングリが少なく、クマが市内に出没しているという話を聞きますが、森はクヌギやアベマキのドングリがたっぷりというか、どっさり!そんななかでのイベントとなりました。

20130929_dsc_3594_3   森に来るのが初めてな方もいるので、まずはクイズラリーから。リピーターさんも問題が変わっているので、問題には真剣に、楽しく取り組めます。

20130929_p9293552  クイズを解いている最中に、森の中でいろいろないきものに出会えます。今の季節は赤ちゃんカナヘビとカマキリにたくさん出会えます。そんな1枚です。

20130929_p9293567 昼からはドングリ工作をするので、森の中に改めてドングリを拾いに行きます。
もうたくさんありすぎて、どれをひろっていいか悩みます。

20130929_dsc_3614 

 そして今日は焼き芋があります。単に食べるだけではなくて、新聞紙でくるむ→ぬらす→アルミホイルでくるむ→焼く!という流れを体験します。「どこのお芋なん?」という声があったので、「となりの村の人に作ってもらっているんやで~」というと、「地元産や!」とみんな大喜びです。そんなエピソードも大阪からのお客さんならでは、です。

 201309219_dsc_3653s20130929_dsc_3648s 

 さて、昼からはドングリ工作です。去年にもドングリ工作のイベントをしていて、そのとき来ていた子どもたちもいるので、去年よりも内容をグレードアップした工作です!!楽しさもグレードアップした、みんなの表情をお伝えします~

20130929_dsc_3635

 主に森のスタッフが工作のお手伝いをするのですが、保護者のかたも一緒のイベントなので、一緒になって工作します。一緒になにか作るというのは楽しいですし、大人も童心にかえって遊べるのがドングリ工作の魅力のひとつなのです。子どもに楽しんでもらうのがこの大阪のイベントの大きなねらいの1つですが、大人の方にも楽しんでもらえるのも大切にしています。

 20130929_p9293603
20130929_dsc_3726
 そして、本日最後のイベントは、待ちに待った焼き芋。
ドングリ工作の最中に「まだお芋焼けへんの?」と何回も聞きに来る子どもまでいました!

 最近はスーパーでも焼き芋が売っており、そんなに珍しい食べ物ではありません。

 しかしですよ?自分で焼き芋の準備をし、たき火の熱を肌で感じ、楽しみに待って、森の焼き芋職人が焼き上げ、森の青空の中で食べる焼き芋ですよ?美味しくない訳がありません。

 人をついつい笑顔にしてしまう森の焼き芋。
初めての方も、リピーターの方も、焼き芋の味と一緒に、1日楽しかった森の記憶も持って帰ってもらえたと思います。
                                                出海

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

台風一過

近畿地方各地に大きな被害をもたらした台風18号。

河辺いきものの森は、台風接近の日が休館日だったため、前日にテントなどをたたんでおこうかと相談し、「今回は雨台風やし、風は心配ないかな。」ということになったのですが、考えが甘かったようです。

休みが明けて森に来てみるとビックリ!
テントの足が数ヶ所でぐにゃりと折れ曲がり、雨よけのシートはビリビリに破れてしまっていました。
この補修が、遊林会の作業メニューに加わるかもしれません。

休館日ということで、来客もなく、スタッフにもケガなど無かったことをとりあえずここで報告しておきます。


さて、森の中の方もどうなっているのか気になるので、早速朝からパトロールをしてきました。

それにしても、台風一過の空は本当にきれいです!P906167504_2

くまなく森の散策路を見回ったのですが、大きな倒木や施設の破損はなく、大量の枝葉が道に散乱していました。P918213102拾い頃のものから、まだ青いものまで、ドングリもたくさん落ちてしまいました。

まだまだたくさん木に実っているので大丈夫だと思うのですが、これから始まるドングリシーズンの対応が少し心配になってしまいます。


最後に、季節の花を1つだけ紹介しておきましょう。P918212501ヤマジノホトトギス

台風に負けず、くさはら広場の端や木道沿いなどで咲き始めました。
花弁に紫色のまだら模様がある場合が多いのですが、この森の花は純白であることが多いです。

他にも、ヒガンバナが森のあちこちで咲き始めていました。
台風が過ぎ、気温も少し落ち着いたようで、急に秋の気配が漂ってきた森でした。

                                                  Kishii





| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

秋のはじまり

ミンミンゼミの声が賑やかな、9月の森です。

激しい雨が降ったりやんだりのため、実質的に夏休みの最終日となる本日クイズラリーの参加者は0です。しかし、モリイコ!の子どもたちは今日も元気に活動しています。

午前中はまだ雨が降っていなかったので、少し森を歩きました。

20130825_3173

↑ この写真は8月25日に撮っておいたものですが、今日もきれいに咲いていました。ツリガネニンジンです。この森にはあまり数がないのですが、写真のツリガネニンジンは毎年同じ場所で花を咲かせてくれます。

20130901_3327

↑ ここからは本日撮影した写真。ツリガネニンジンは夏の花?秋の花?迷うところですが、こちらも迷う花、アレチヌスビトハギ。個人的には、ツリガネニンジンもアレチヌスビトハギも秋の花だと思うのですが、咲くのは夏からですね。アレチヌスビトハギもきれいな紫色ですが、北米からの外来種です。

20130901_3341

↑ ふと葉っぱの裏を見ると、小さな虫がついていました。カイガラムシの仲間?何か分かりませんが、その背中にはドクロ模様がついていました。

20130901a_3366

↑ キワモノ続きですが…こちらスズメバチ。何がキワモノかって?写真をよく見ると、何か変でしょう?

20130901b_3345

↑ そう、お尻(腹部)がないのです。これは死体かって?いやいや、ちゃんと生きています。写真を撮っている間に、何度も飛び立ちました(すぐに落下するのですが)。前脚で、ちゃんと触覚の手入れもしていましたよ。お尻の部分を誰に切られたのでしょうか?カマキリか、より強いスズメバチか…

20130901_3370

↑ 先ほどのハチとは関係ありませんが、カマキリです。すっかり羽が生えた成虫のカマキリをよく見かけるようになりました。

20130901_3415

↑ 今年初めてドングリを見つけました。この森には5種類のドングリの木があり、まず初めにクヌギやアベマキがドングリを落とします。そしてクヌギはクヌギでも、木によって落とす時期が異なります。この写真のドングリは、いつも森で一番にドングリを落とし始めます。

カマキリが大きくなり、ドングリが落ちる…そして今日から9月。いよいよ、秋が始まりますね。

                                       MARU

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »