« 冬の来訪者 | トップページ | 薪を割ったら… »

2013年1月31日 (木)

子どもは風の子

本日は、2013年になって初めての小学校の来訪。今日来た3年生たちは昨年11月にも来訪済みで、今日が2回目の来訪でした。だから、寒くて生き物が少ない冬の森でも楽しむ気満々!

201301313_6588

↑ 本日のメインはこのたき火競争だったので、とっても楽しみにしてきてくれました。

201301313_6565

↑ たき火競争は午後からのメインイベントだったのですが、私がびっくりしたのは午前中の「たんけん」の時間。2回目ということもあって、本当にいろいろな森の楽しみ方をしてくれました。写真の女の子は何をしていると思います?じつは、トゲがするどくて有名なタラノキを握っているのです!「ぜんぜん痛くない~」と言っていましたが…私たちでも作業中、革手袋をしていても間違ってこの木を握ってしまったら飛び上がるほど痛いのです。しかし彼女はお気に入りで、ずっとこの木を持って(握って)いました。

20130131_6616

↑ たんけん中に、「こんなん見つけた!」と持ってきてくれたものがこちら。リュウノヒゲの実なんですが、子ども曰く「双子やで!」。そう、普通はまん丸のリュウノヒゲの実なんですが、本当に双子のようになっていたのです。

20130131_6620

↑ 中を出してみると、こうなっていました。まん丸のはずのものが、ぺっちゃんこになっていて、ぴったりとくっついて一つの実の中に入っていました。四角い箱の中で育てられたスイカのようです。二つの花が別々に咲いて、そのあと実になる過程で接していたものがくっついてしまったのでしょうか?謎です。

201301313_6567

↑ 今日、一番びっくりしたのがこちら。午前中のたんけんの時間に、川にバシャバシャ入っている子どもたち!冷たそう!今の時期サワガニなどの生き物がいるわけでもないのですが、とにかく「水に入りたい」子どもたちは意に介さず、「ウォ~」と言いながら入っていました。

今日は比較的暖かい日だったとは言え、やっぱり子どもたちはすごいなあと思いました。でも今日初めて森に来た子どもたちだったら、こうはいかなかったでしょう。2回目で森を楽しむ気満々の子どもたちだからこその姿だと思います。

この子どもたちは、4年生になってももう一度来ることが決まっていて、子どもたちはそれもまた楽しみにしてくれています。

                                       MARU

|

« 冬の来訪者 | トップページ | 薪を割ったら… »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の来訪者 | トップページ | 薪を割ったら… »