« 美しい青空と | トップページ | 2度目の秋の森 »

2012年11月18日 (日)

落ち葉の季節

今日は小雨がぱらつく肌寒い日でしたが、秋の森を楽しみにわりとたくさんの家族連れがお見えになりました。そうしたみなさんのため、今日は朝からたき火と薪ストーブを絶やすことなく焚いて、森の散策で冷えた身体を暖めてもらいました。

20121118_4441

↑ イタヤカエデも徐々に色づき始めました。見頃は来週あたりでしょうか?今日のような強い風が吹くと葉が落ちていくので、何とか今年も葉を残しながら全身真っ黄色の姿を見せて欲しいものです。

20121118_4455

↑ 今日も撮影したシラキ。既に葉を落としたシラキの木もありますが、まだ見頃のものもたくさんあります。

20121118_4469

↑ 「草庫」と呼んでいる、屋根を土葺きにした倉庫です。山番さんことMさんが、きれいに薪を積んでくれました。薪が積んでいる様子も、森らしい風景のひとつです。

20121118_4481

↑ そろそろ、クヌギやアベマキなどドングリの落ち葉が落ちはじめました。これらの木はこの森の主要樹種なので、その落ち葉の量も半端ではありません。こうして道をあっというまに埋めてしまいますが、この上を歩くのもまた楽しいものです。

20121118_4439

↑ 最後は色とりどりの落ち葉。少し道から外れると、林の中にはこうして誰にも踏まれずに積もってゆく落ち葉がたくさんあります。やがて土になっていくのですね。

いよいよ11月も下旬に突入。森にはまだまだたくさんの子どもたちがやってきますが、来週あたりから紅葉も一気に加速しそうなので、そんな秋の森をたっぷり楽しんでもらえたらと思います。

                                  MARU

|

« 美しい青空と | トップページ | 2度目の秋の森 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しい青空と | トップページ | 2度目の秋の森 »