« 夏至を過ぎて | トップページ | 一心に打ち込む »

2012年6月30日 (土)

嬉しい言葉

今日は夕方から激しい雨が降りましたが、それまでは非常に蒸し暑い天気に恵まれ(?)、その間に約150人もの団体でこられた幼稚園の活動を無事に終えることができました。

20120630_2451

↑ 本日の活動では、森をめぐるクイズラリーなどの他に「探検」の時間もたっぷりと設け、「ザリガニにさわる」という挑戦もしてもらいました。今日生まれて初めてさわった、という子どもも多く、触れた子どもたちは自慢げで、楽しかったようです。

20120630_2456

↑ ザリガニとともに「カナヘビにもさわろう」もやりました。ザリガニよりもハードルが低いのか高いのか…でも、勇気を出して少しでもさわることができれば、そこから子どもたちはどんどんさわりはじめ、カナヘビはあっという間に人気者になります。

20120630_2472

↑ 「カナヘビにさわろう」コーナーのカナヘビは森のスタッフがあらかじめつかまえておいたものなのですが、もちろん森にたくさんいる「自由な」なカナヘビを自らつかまえてさわることもOKです。しかし、まず見つけるのが難しく、見つけたとしてもつかまえるのはもっと難しいので、なかなか手強い生き物です。こちらは子どもたちがカナヘビを必死に探している最中に、葉っぱの上で後ろ足を投げ出してのんびりしているカナヘビ。いるところにはいるのですが、子どもたちにはなかなか見つけにくかったようです。

20120630_2467

↑ さて、森では急にネムノキの花が咲き始めました。ネムノキは7月の花というイメージなので、「今年は早く咲いたなあ」と思ったのですが、よく考えてみると明日からもう7月!1年も半分終わりましたね。

20120630_2507

↑ 水辺の花、ハイハマボッスもきれいに咲いています。直径2mmほどの小さな花ですが、星形にたくさん咲く様子がきれいです。

20120630_2527

↑ 水辺の花と言えばバイカモ。これも今見頃です。とはいえ、コカナダモやアオミドロなどに攻められたせいか、今年の群落の大きさは縮小しています。

20120630_2485

↑ 再び、森の生き物。今、この小さなカマキリがたくさんいます。しかしいくら「たくさんいる」とはいえ、その姿を見つけるのはかなり難しく、カナヘビよりも「見つける眼」が必要です。その分、見つけた時はうれしくなります。

20120630_2510

↑ クモの巣も今たくさん見られますが、銀河のような巣を見せてくれるのは「ウズグモ」というクモの仲間。とてもきれいです。渦模様の背面に自分を隠し、獲物が網にかかるのをじっと待っているのです。何気ない発見ですが、よく見ると「きれい」「不思議」「すごい」と思うことがたくさんありますね。

ところで、今日の幼稚園の活動には、同伴した小学生の兄・姉の姿もありました。そのうちの一人、5年生のある女の子は、昨年学校の活動で10回以上森に来たことがある女の子です。彼女の方から私に声をかけてくれたのですが、私はその彼女の、森でのあるエピソードを今年の元旦の滋賀報知新聞の記事に書いたので、彼女のことはよく覚えていました。

昼休み、その彼女のお母さんが、私にこんな言葉を投げかけてくれました「(娘のことを)新聞に載せてくださってありがとうございます。私、あの記事を読んで涙が出ました…」と。

そんな嬉しい事をおっしゃっていただいたので、私もそのエピソードを思い出して思わず涙が出そうになったので、「いえいえこちらこそ…」のような、わけのわからないお応えをして失礼してしまいました。私は、そのエピソードに至るまでの娘さんとお母さんとのやりとりなどの様子も娘さんから聞いていて、その部分も記事にしたかったのですが、紙面の都合で省略しました。せっかくだからお母さんにそんなことをお伝えすればよかったなあと、後になって思いました。

ところでどんなエピソード?、と気になる方、残年ながら正月号は滋賀報知新聞のホームページの「いきものの森と子どもたち」の中でも閲覧することができません。しかし森のネイチャーセンターに、ご自由にお持ちいただける正月号がまだいくつか残っていますので、ぜひそちらをご覧ください。ちなみに正月号の記事は、我ながらなかなか良く書けた…と密かに思っています。

とにもかくにも、こんなふうに「森に来たことがある!」という子どもが増え、森で活動したいろいろなことを思い出しながら、年を経て何度も森に来てくれることは、私たちにとってはとてもうれしいことです。

                                      MARU

|

« 夏至を過ぎて | トップページ | 一心に打ち込む »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏至を過ぎて | トップページ | 一心に打ち込む »