« 花いろいろ | トップページ | 河辺いきものの森 ゴールデンウィークイベント! »

2012年4月21日 (土)

次の春へと

本日は曇り空ですが、「春」という雰囲気に誘われてか森を楽しむ人たちの姿が結構見られました。

森ではシャガなどが次々と咲き始めている一方、ヤマザクラの見頃がようやく終わろうとしています。季節がどんどん移ろうにつれて、花たちも次々と咲き変わっていきます。

20120421_9501

↑ そろそろ見頃を終えようとしている花のひとつが、このイチリンソウ。天気さえ良ければきれいに咲きそろっていますが、よく見ると花びらなどが徐々にむしばまれていっています。

20120421850_9536 

↑ イチリンソウの花の中には、小さなバッタの姿が結構見られます。かわいいなあ…と思って見ていると、実はバッタたちはイチリンソウの花粉をむしゃむしゃと食べているのです。この写真、クリックすると大きくなります。

20120421_9496

↑ 早春から一段階進んだ頃に咲く花が、このヤマブキです。2日ほど前から咲き始めました。

20120421_9569

↑ 花ではありませんが、これからしばらくの間にしか見られない大好きなものがこれ。シロダモの新葉です。黄金色の毛が輝きます。常緑樹のシロダモは比較的薄暗い森の中に生育するのですが、そこにわずかな木漏れ日が差し込んでスポットライトのようにこの新葉に光が当たると、まさに黄金色の葉が浮き出たように見えます。

明日はまた荒れ模様のようですから、また多くの花が散ることでしょう。

さて、本日は今年度のモリイコ!のうち、2年目の子どもを対象に行う「モリイコ!S」の抽選会がありました。応募資格がある子どもは37名、そのうち32名が応募してくれました。対して定員は20名ですから、全員参加することはできません。

1年間おつきあいした子どもたちだけに、私たちとしても何とか全員受けてあげたい気持ちはあるのですが、やはりモリイコ!シリーズは中身の濃い活動ですので定員を増やしてまで実施することは困難です。やむをえず今回も抽選となりました。

自ら抽選くじを引いた子どもは、当選して大喜びする子どももいれば、落選して泣く子どももいました。子どもはもちろん、保護者のかたも私たちもその様子に一喜一憂でした。あらためて、モリイコ!の活動に対する子どもたちへのインパクトの強さを感じました。期待を裏切らないようにがんばります。

                                        MARU

|

« 花いろいろ | トップページ | 河辺いきものの森 ゴールデンウィークイベント! »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花いろいろ | トップページ | 河辺いきものの森 ゴールデンウィークイベント! »