« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

昨日と違う春

本日は昨日を上回る陽気でしたが、連休真っ最中ということもあってか、森には昨日よりお客様が少ないようでした。みなさんどこへお出かけなんでしょうね~?

さて、森は人の出入りに関係なく季節が進みます。

20120429850_9858

↑ 昨日まではどこを見ても花盛りでしたが、カスミザクラはあっという間に散り、タンポポも綿毛の物が一気に増えました。この時期は本当に1日で季節が変わっていきます。この写真、クリックすると大きくなります。 

20120429_9827

↑ クチナシグサが咲き始めました。なかなか見ることができない植物ですが、この森では毎年生育場所を増やしている気がします。こちらも大きな株になっていました。
 

20120429_9887_2

↑ 林床ではホウチャクソウが咲き始めました。つい先日までは葉っぱさえ出ていなかったように思うのですが…あっという間です。アリがたくさん来ていました。
 

20120429_9871_2

↑ こちらはこの森でマイナーな植物、ミツバウツギです。これから次々と咲いていきそうです。
 

20120429_9840_2

 ↑ こちらは毎年ゴールデンウィークに見頃を迎えるヤマツツジ。今こんな様子です。間もなく咲きそうですね。今年は少し花が少ないかな?

20120429nc08_9823_2

↑ 最後の写真は本日のお気に入り。春の森は花も素晴らしいですが、なんと言ってもこの輝く緑が最高です!Nikon D700、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで撮影。ISO200、1/320、F/8、露出補正+0.8、ノートリミングです。

明日4月30日(月)は月曜につき森は休館、5月1日(火)も祝日の翌日につき休館です。しかしそれ以外のGWはすべて開館していますので、5月3日~6日に行う「ゴールデンウィークにゴールデンウォーク」のイベントにはたくさんのお越しをおまちしています!

                                        MARU

| | コメント (0)

2012年4月28日 (土)

大阪からのお客様<春>

本日より世間はゴールデンウィーク。絶好の日和で、森にはたくさんの家族連れが訪れていました。

そんな中、本日は今年1月29日に実施したイベントからの第2弾となる、大阪市環境事業協会主催「はるのもりを めーいっぱい たのしもう」を遊林会が実施しました。

20120427_9710

↑ この時期、森は素晴らしく春色に輝いています。これは昨日の様子ですが、今日も一段ときれいでした。

20120428_01_6396

↑ そんな森の中に、大阪からやってきた子どもたちとクイズを解きに入っていきます。もちろん問題は前回とは異なります。春の森にふさわしい問題を10問作成しました。

20120428_02_p4282642

↑ 1月に来訪された時の様子とまったく異なり、森は今花盛りです。こちらタンポポの問題に挑戦しているところ。本物のタンポポを手に、じっくり調べます。「知らないと解きようがない」知識問題をできるだけ出さないようにしているのが、この森でのクイズ作成時のポイントです。周りには本物の自然がいっぱいあるのですから、それを見てヒントを得られるような問題を準備します。

20120428_03_p4280008

↑ 本日の森は本当に気持ちよく、歩いているだけでも春の雰囲気をたっぷり味わっていただけたと思います。

20120428_04_6405

↑ お!クイズの途中に生き物発見!アマガエルを見つけました。カエルは水路や田んぼにしかいないと思っている方には意外のようですが、このアマガエルはどちらかと言えば森林性のカエルです。緑のカエルや茶色のカエルがいたよね。

20120428_05_p4282651

↑ こちらはカタツムリを発見!冬にはいなかったたくさんの生き物に出会えました。

20120428_06_p4280103

↑ 昼食を挟んで、午後からは子どもと保護者に別れて活動しました。子どもたちは、4~5人ずつのグループにわかれて森のスタッフとともに「たんけん」に出かけました。保護者から離れて「子どもだけで森を歩く」という体験はおそらくほとんどの子どもが初めてだったと思いますが、グループ内の子どもは初対面も同然ながらも、早速仲良く探検をしてくれました。

20120428_07_p4285969

↑ おっと、探検の途中に誰かがカエルをつかまえましたよ。「見せて!」「触らせて!」子どもたちはあっという間に打ち解けます。

20120428_08_9783

↑ こちらは探検の途中に別のグループと遭遇したところ。「私らはこんなん見つけたよ!」「ボクらはこんなんつかまえたよ!」 時間を忘れて子どもたちだけの世界が広がります。

20120428_09_9781

↑ 探検の「お題」のひとつに、カナヘビにタッチというお題がありました。カナヘビを触ればそれでOKなのですが、ほぼすべての子どもがカナヘビなど生まれて初めて触ります。けれど、子ども同士で活動していると、最初はいやがっていた子どもも「私もさわろうかな…」という気になるもので、最終的にカナヘビは全員のアイドルのようになっていました。

20120428_10_p4282671

↑ 一方、こちら保護者チームの活動。ヨモギを摘んで「ヨモギのふわふわお焼き」を作るのです。ヨモギ摘みなど初めての人も多かったでしょうね。

20120428_11_p4282691

↑ 摘んできたヨモギを下処理し、生地と混ぜ合わせていきます。子どもチームの探検は4歳以上の子どもたちで行ったので、こちらは3歳以下の子どもがお手伝いをしてくれました。

20120428_12_9803

↑ そして、探検から帰ってきた子どもたちと合流して焼きます。たき火は冬のイベントで経験済みの子どもが多かったので、怖がることなく焼いてくれました。

20120428_13_9807

↑ そして食べる…「おいしい!」 こうして、あっという間に1日が過ぎていきました。

本日は大阪から13組42人が参加。帰りにあるお母さんが、「今まで虫すら触れなかったのに、今日1日でいっぱい触れるようになりました」と言ってくれましたが、やはり子どもにとって体験というのはとても大事なのです。1日という時間は、ショッピングで過ごしても、フィールドアスレチックで過ごしても、家でごろごろして過ごしても同じです。しかし今日の子どもたちは「森で過ごした」…そのことが、この子どもたちにどんな意味をもたらすのかまでは分かりませんが、「大阪ではできない」ことがたくさんできたと思います。

ちなみに13組に対するアンケート結果を見させてもらったら、「楽しかったか」という5段階評価の問いには13組全員から「5点満点」をいただきました。本当に、ありがとうございました!またぜひおこしくださいね。

                                   MARU

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

汗ばむ陽気

いよいよ、歩いているだけでも汗ばむほどになってきました。季節がまた一気に進みます。

20120424_9671

↑ ヤマザクラが終わり、森ではカスミザクラが咲き始めました。カスミザクラは大木が多く、あちこちで咲いていますが、いずれも見上げないと花が見えないので普通に歩いている人は気付きにくいです。

20120424_9595

↑ ヤマブキが一気に満開になりました。目が痛いくらいの鮮やかな山吹色です。Nikon D700、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで撮影。ISO200、1/1,250、F/4.5、露出補正-0.3、ノートリミングです。

20120424_9649

↑ クサイチゴの花も咲いています。ここまでの写真のカスミザクラ、ヤマブキ、クサイチゴはすべて同じバラ科です。その中でもこのクサイチゴは、鋭いトゲがあるので保全作業をしている時には切ってしまうことが多いです。昨シーズン、このクサイチゴをたくさん切ったので、今年はあのおいしいイチゴを食べられるチャンスは少なそう…

20120424_9657

↑ こちらは鋭いトゲを持つハリギリです。まだ小さな幼樹なのですが、2年前、タラノキと間違えて若芽をすべて摘んでいった不届き者がいて、それ以来枯れてしまったと嘆いていたのですが、今年再び若芽を出してくれました。

20120424_9679

↑ 今、森ではたくさんの緑色が輝いています。これは写真ではなかなかお伝えできませんが、実に見事です。こちら萌芽更新をした区域なので、落葉樹ばかりの若木が多く、淡い緑色にあふれています。

20120424nc03_9614

↑ 一方、林冠トレイルからみた新緑の海は萌芽更新区域よりも樹齢の高い木々たちの色を見せてくれます。手前の赤い新緑はアラカシの新芽、その奥はアラカシの少し葉が開いた新芽、その奥はクヌギの花序、そしてコナラの新芽などなど、多様です。AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで撮影。ISO200、1/160、F/8、露出補正-0.6、ノートリミングです。

20120424nc1_9627

↑ 同じく林冠トレイルから、いつもお気に入りのクヌギ(アベマキかも)の様子。芽吹きがきれいです。AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gで撮影。ISO200、1/100、F/10、露出補正-1.0、ノートリミングです。

20120424_9580

↑ 最後は、この森のスミレの中でもお気に入りの種類、ニオイタチツボスミレ。タチツボスミレよりも濃い紫と、中央の白抜きとのコントラストがとても可愛いです。これまで、個体数が少なく見つけるのが難しかったのですが、今日比較的たくさん生えている場所を見つけ、思わず撮影しました。

明日は今日よりも暑くなりそうですね。明日は遊林会活動日です。

                                         MARU

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

河辺いきものの森 ゴールデンウィークイベント!

河辺いきものの森では、5月のゴールデンウィーク期間中に、
*5月3日(木)・4日(金)・5日(土)・6日(日)

「河辺いきものの森・ゴールデンウォーク!!」を実施しますsun

A4_2

森の中にある10コの「やってみよう」に挑戦しながら、春のキラキラした森を歩いてもらいますshoe(時間は、1時間~1時間半くらいです)
挑戦できたら、その場でスタンプを押してもらいますhappy01
一周まわってすべての「やってみよう」に挑戦し、スタンプをすべて押してこられたら、河辺いきものの森のオリジナルシールをプレゼントshine

◆実  施 日:2012年5月3日(木)・4日(金)・5日(土)・6日(日)

◆受付時間:10:00~15:30まで  (事前申込みは不要です)

◆参  加 料:無料  どなたでも参加できますconfident

ゴールデンウィークの河辺いきものの森は、いろいろなお花がたくさん!
そして、テントウムシに、チョウチョ、生まれたてのバッタなどいきものにもたくさん出会えますwink
ぜひ、ご家族揃って、河辺いきものの森・ゴールデンウォーク!!にいらしてくださいね!

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

次の春へと

本日は曇り空ですが、「春」という雰囲気に誘われてか森を楽しむ人たちの姿が結構見られました。

森ではシャガなどが次々と咲き始めている一方、ヤマザクラの見頃がようやく終わろうとしています。季節がどんどん移ろうにつれて、花たちも次々と咲き変わっていきます。

20120421_9501

↑ そろそろ見頃を終えようとしている花のひとつが、このイチリンソウ。天気さえ良ければきれいに咲きそろっていますが、よく見ると花びらなどが徐々にむしばまれていっています。

20120421850_9536 

↑ イチリンソウの花の中には、小さなバッタの姿が結構見られます。かわいいなあ…と思って見ていると、実はバッタたちはイチリンソウの花粉をむしゃむしゃと食べているのです。この写真、クリックすると大きくなります。

20120421_9496

↑ 早春から一段階進んだ頃に咲く花が、このヤマブキです。2日ほど前から咲き始めました。

20120421_9569

↑ 花ではありませんが、これからしばらくの間にしか見られない大好きなものがこれ。シロダモの新葉です。黄金色の毛が輝きます。常緑樹のシロダモは比較的薄暗い森の中に生育するのですが、そこにわずかな木漏れ日が差し込んでスポットライトのようにこの新葉に光が当たると、まさに黄金色の葉が浮き出たように見えます。

明日はまた荒れ模様のようですから、また多くの花が散ることでしょう。

さて、本日は今年度のモリイコ!のうち、2年目の子どもを対象に行う「モリイコ!S」の抽選会がありました。応募資格がある子どもは37名、そのうち32名が応募してくれました。対して定員は20名ですから、全員参加することはできません。

1年間おつきあいした子どもたちだけに、私たちとしても何とか全員受けてあげたい気持ちはあるのですが、やはりモリイコ!シリーズは中身の濃い活動ですので定員を増やしてまで実施することは困難です。やむをえず今回も抽選となりました。

自ら抽選くじを引いた子どもは、当選して大喜びする子どももいれば、落選して泣く子どももいました。子どもはもちろん、保護者のかたも私たちもその様子に一喜一憂でした。あらためて、モリイコ!の活動に対する子どもたちへのインパクトの強さを感じました。期待を裏切らないようにがんばります。

                                        MARU

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

花いろいろ

本日は非常にいい陽気で、汗ばむほどでした。森では、今日から今年度の学校等の来訪がスタートしました。今日は地元の小学校4年生と、高校1年生の2団体が来訪。どちらの学校も、今年は何回も来てくれる子ども・生徒たちです。

さて、そんな春まっ盛りの森では花もどんどん咲いています。

20120418nc13_9352

↑ 連日お伝えしているイチリンソウは、本日もきれいでした。キクザキイチゲの群落と同様に、イチリンソウも葉の茂っている外縁部に花が多い気がします。Nikon D700、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDで撮影。ISO200、1/800、F/4、露出補正-1.3、ノートリミングです。

20120418nc01_9369

↑ こちらがらっと変わって熱帯?と思うような色合いですが、本日の見事な青空を背景に見上げて撮影したアケビの花です。Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDで撮影。ISO200、1/500、F/5.6、露出補正-0.1、ノートリミングです。

20120418nc15_9474

↑ 今、スミレたちがとてもきれいですが、特にタチツボスミレは結構大きな群落を見せてくれています。こちら竹林の中。地面が薄紫の色で埋められる様子は写真ではなかなかお伝えできません。AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで撮影。ISO200、1/400、F/11、露出補正-1.5、ノートリミングです。

20120418nc05_9406

↑ お気に入りの花のひとつ、ウグイスカグラです。ちょうど今見頃です。これまで森では花を咲かせるウグイスカグラは3株だけしか確認していませんでしたが、今日4株目を発見しました。結構大きな株なのに今まで気付かなかったなあ…AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで撮影。ISO200、1/320、F/5、露出補正+0.5、ノートリミングです。

20120418nc1_9432

↑ 今日はいろいろな花が咲いていましたが、最後に紹介するのはこのイタヤカエデの花。とても大きな木に、とても小さな花が咲きます。Tamron SP AF180mm F/3.5 Di LDで撮影。ISO400、1/200、F/8、露出補正-1、ノートリミングです。

20120418850nc17_9434_2 

↑ イタヤカエデは、花も良いのですが私は何と言ってもこの時期にしか見られないこの葉の展開の様子が大好きです。左右対称で見事な造形美を見せてくれます。日ごとに様子は変化するので、本当に貴重な出会いです。Tamron SP AF180mm F/3.5 Di LDで撮影。ISO400、1/500、F/8、露出補正-1.7、ノートリミングです。この写真、クリックすると大きくなります。

20120418nc17_9442

↑ 最後は本日一番お気に入りの、イタヤカエデの葉の展開の様子。生きてるなあ、という気がします。Tamron SP AF180mm F/3.5 Di LDで撮影。ISO200、1/125、F/8、露出補正-1.7、ノートリミングです。

明日は遊林会作業「木ままクラブ」、明後日は兵庫県立大学大学院ご一行と、森はいよいよ賑やかになっていきます。

                                       MARU

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

春がきた!

20120417
森を歩くといたる場所で咲いているスミレが とてもかわいく、春に咲く花の中でも、スミレの花はとっても好きな花のひとつですshine
本当にいろいろな場所で咲いていて、上の写真は、くさはら広場の木の机の上で咲いていましたconfidentすごーい!

今日は、暖かくすごしやすい日となりました。それなので、午前中ひさしぶりにゆっくりと森を歩きましたrun

青空と、タンポポの黄色、若葉の黄緑、スミレの紫、椿のピンク・・・森の中には鮮やかな色がたくさんsign01 歩きながらワクワクしてしまいますsun

20120417_2
↑こちらは、森の中で一番たくさん見られるタチツボスミレ。この写真ではわかりにくいですが、光があたって花びらがキラキラしていますshine

20120417_3
↑こちらは、ニオイタチツボスミレ。タチツボスミレより、白の部分が多く、花びらに丸みがあり、紫が濃いですねhappy01 あと、花や茎全体に、短い白い毛が生えているのも特徴ですwink

いつも、ニオイタチツボスミレの匂いをかぐのを忘れていたのですが、今日は鼻を思いっきり近づけてみると、確かに匂いがしました!!とっても嬉しくって感動しましたgood
ぜひ、匂い比べしに来てくださいね!ニオイタチツボスミレは、交流広場と、モミジの林で私は見つけましたよflair

ちょうど今見頃なのが、この花
20120417_4
↑イチリンソウです! 水路沿いの場所しか見ていませんが、花はおおよそ30輪咲いていました!そして蕾も12、3輪ほどまだありますnotes まだまだ見頃は続きそうです!

ヤマザクラもきれいに咲いていましたcherryblossom
20120417_5
↑木の下を見ると、風で落ちてしまったサクラが見つかりましたcute 木の上を見ていると花びらの色がピンクだぁと思っていたのですが、落ちているのを見ると白っぽい色でした。

最後に
20120417_6
↑もう旬を終えた、キクザキイチゲweep  今年は、きれいな姿をたくさん見せてくれたキクザキイチゲ、また来年ステキな花を見せてくれるのを楽しみにしているよ~wink bun

| | コメント (0)

2012年4月15日 (日)

サクラ、咲く

遅れていたソメイヨシノの開花も、この地域では数日前からようやく見頃となりました。昨日私用で大阪に出向いた時には、既にサクラの花吹雪が舞っていました。こちらはようやく春本番です。 

20120415_9325

 ↑ この森でもようやく、ヤマザクラが咲きました。この森にヤマザクラは数本しかありませんが、毎年この木から咲き始めます。

 20120415_9272_2

↑ 今、森のあちこちできれいなのは、このタチツボスミレ。歩道沿いや林内のあちこちに群落が見られます。この森で一番多いスミレです。
 

20120415_9275_2

↑ 水辺の湿ったところには、ムラサキサギゴケが美しいです。この紫色はなかなか写真で出ませんね。
 

20120415_9273_2

 ↑ ムラサキサギゴケが咲いているところより、少しだけ乾いている水辺ではカラスノエンドウが咲き始めました。こちらも独特の紫色です。 

20120415_9329_2

 ↑ 先日撮影したマムシグサを見に行くと、きれいに咲いていました。葉の展開はこれからなんですね。 

20120415_9263

 ↑ 5月の連休の頃に咲くヤマブキも、蕾に黄色が見えてきました。森にヤマブキは数株しかありませんが、たくさん花がついています。

20120415_9296

↑ 同じく連休の頃に見頃になるシャガは、まだまだ蕾すらあがっていないものがほとんどですが、どこにでも「一番乗り」はいるもので、もう花を咲かせているものがありました。
 

20120415670_9230_2

↑ 久しぶりに野鳥の写真を。今日は朝から、森の中で非常にきれいなさえずりが聞こえていました。双眼鏡で探すと、この鳥が…。私は初めて見ましたが、夏鳥としてやってくるクロツグミです。確かに腹の模様はツグミに似てますね。この写真、クリックすると大きくなります。 

20120415_9195_2

↑ さえずっているところ。黄色いくちばしを大きく開けて、一生懸命さえずっています。この写真だけから、そのさえずりの声を想像してみてください。何となく、「ジャアー!」とか「ギャー!」みたいな声を想像しませんか?しかし実際には、とても美しい声でした。今日は朝から夕方まで森のあちこちでさえずっていましたので、また会えるかな?かなり長い時間、同じ木の梢でさえずります。

20120415nc13_9246

↑ 最後は、本日きれいに咲いていたイチリンソウ。昨日あたりから咲き始めたのでしょうか?ただ、35輪ほどある蕾のうち、咲いているのはこの一輪だけです。これからが見頃ですね。Nikon D700、Tamron SP AF90mm F/2.8 Diで撮影。ISO200、1/500、F/6.3、露出補正-1.3、ノートリミングです。

今日は撮影中にフクロウにも会いました。こちらはまったく気づいていなかったのですが、ほんの10mほど先の枝にとまっていたようで、知らずに側を通る時に飛び立っていきました。とても大きく、まったく羽音はしませんでした。

来週からは、いよいよ小学校などの団体利用がスタートします。

                                MARU

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

新学期スタート

春休みも日曜で終わり、昨日から新学期が始まりました。春休み中に実施していた10周年特別イベント「The100」には180名ほどの子どもたちが参加してくれましたが、森の賑わい方はまさにお天気次第でして、晴れた日には一日中子どもたちの声が響き、寒い日や雨の日はさっぱり…という2週間でした。

森では早速、今年度の学校来訪に関する先生との打ち合わせがスタートしており、モリイコ!の計画もいよいよ大詰めとなってきています。

そんな中、本日の森は…

20120410_9005

↑ 生き物たちが賑やかになってきました。カナヘビやキチョウなど、早くから動き始めている生き物に加え、水辺ではアメンボの姿が増えてきました。こちら、オス同士がけんか(たぶん)しているところ。メスをめぐる闘いがよく見られます。そういえば先日、車を運転していたらフロントガラスにアメンボが飛んできました。飛んでいるアメンボには初めて出会いました。
 

20120410_9035

↑ くさはら広場の一角に、どこからタネが飛んできたのか分からないユキヤナギが一株あります。自生しないこともないのでしょうが、やはり公園や庭に植えられている方をよく見かける植物です。写真を撮るなら花がたくさんついている様子が一般的ですが、こうしてつぼみがたくさんある様子も星空のようできれいです。
 

20120410_9029_2

↑ タネがどこから飛んできたのか分からない…と言えば、この斑入りのアオキもそうです。屋外トイレの裏に一株生えているのですが、こちらも鳥の糞を介したどこかの庭からの由来なのか、自生種の変異なのかは最早分かりません。雌雄異株のアオキですが、この株は雄花が咲いていますね。

20120410_9055_2

↑ ナワシログミの実がだいぶ膨らんできましたが、木によっては非常にたくさん実がついているものがあり、この木はまさに鈴なり状態でした。

20120410_9086_2

↑ 昨年、偶然見つかったカンアオイの仲間に花が咲きました。え?どれが花?という感じですが、写真の中央下の方、地面にへばりつくように咲いている褐色のものがそれです。私も初めて見ました。
 

20120410_9075

↑ 最後はこちら。地面からにょっきり生えたヘビ…のような模様を持つマムシグサです。花が咲くと、鎌首をもたげたような姿が印象に残るマムシグサですが、この時期に見るこの模様を見ると、なるほどマムシグサの名の由来が納得しやすいです。

今日はかなり暖かかったですね。周辺のソメイヨシノなどは一気に蕾をふくらませた感じがします。森のヤマザクラはまだ咲きそうにありませんが、じっくり見るといろいろな花があちこちで咲き始めていますよ。

                                         MARU

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

河辺いきものの森 10周年! 

2002年にオープンした河辺いきものの森は、今年の3月で10周年を迎えますhappy01
それを記念して、今年の春休みはスペシャルイベントを行いますsunPhoto_2
詳しくはこちらの記事へ(→クリック) ぜひ、10周年をむかえた河辺いきものの森へあそびに来てくださいね~shine
◇もりもり満喫まつりの様子→クリック
◇THE100(3/27)の様子→クリック *4/8までやってます!
*この記事は、春休みが終わる4月8日までトップに表示します。最新の記事は、このすぐ下です。↓↓↓

| | コメント (2)

2012年4月 6日 (金)

新しい年度です

新年度、4月になって初めての更新です。実は4月2日の休館日、とても天気が良かったのでブログにアップしようと森に来てたくさん撮影したのですが、そのデータがPCから取り出せなくなってしまい、ストップしてしまいました。 

本日、ようやくそのデータが回収できましたので、本日撮影した写真とあわせて今年度最初のブログをアップします。 

20120402_8643

↑ まずは4月2日の写真から。今の時期、森の正面入り口を入ってすぐに気付くのは独特のにおいです。そのにおいの元はこのヒサカキの花。鈴なりにたくさんついていて、この時期ならではのにおいが森に漂っています。

20120402_8722  

↑ シュンランは早いものは既に咲いていますが、多くのシュンランはまだこれから咲くところです。こんな風に、シルクに包まれたような姿もまた美しいですね。

 20120402_8753

↑ 早春に咲く小さな花、ウグイスカグラが咲き始めていました。下向きに控えめに咲きますが、花は美しいピンク色をしていて、この後にできる実はおいしいです。

20120402_8791_2

↑ 生き物の姿も少しずつ増えてきています。早起きのカナヘビやアマガエルをはじめ、クモが巣を張る姿も増えてきました。この写真、クリックすると大きくなります。

20120406_8916

↑ さて、ここからは本日の写真。木々たちもずいぶんと芽吹き始めました。こちら、一番早く芽吹く仲間のウワミズザクラの様子。花が咲くのはだいぶ後ですが、葉の展開は早いです。
 

20120406_8895

↑ ムラサキシキブも少し開いています。葉が開くのはまだこれからで、今は冬の間に葉を包んでいるものが開いています。
 

20120406_8907

 ↑ ヤブツバキの花も、まだこれからが見頃ですが、早く咲き始めた木からは既に花が落ち始めています。この木はいつも早く花をつけ、そして薄いピンク色の花をつけます。

 20120402nc17_8692_2

↑ 最後は4月2日に撮影したキクザキイチゲの様子。3日の爆弾低気圧や、今日の寒さ(アラレが降りました)のせいで本日はどの花もしょんぼりしていましたが、2日はとてもきれいでした。Nikon D700、Tamron SP AF180mm F/3.5 Di LDで撮影。ISO200、1/800、F/4、露出補正-1.7、ノートリミングです。

本格的な春はまだ足踏みですね。でも着実に、春を感じる日々が続いています。

 

                                  MARU

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »