« 春はまだ遠い | トップページ | ようやく…! »

2012年3月27日 (火)

10周年感謝祭 もりもり満喫まつり!

先週の土日、10周年感謝祭 もりもり満喫まつりを行いましたhappy01
20120325_0
↑森の入り口にもおまつりの看板ですshine

土日と言いましたが、土曜日は午前中雨が降り続きrain、午後から晴れてきたのですが、子どもたちのにぎやかな声は聞こえず・・・
そのかわり、お手伝いに来てくれていたボランティアスタッフ達と、森を満喫するという一日になってしまいました。しかし、子どもだけでなく大人も楽しいこのイベント、スタッフ達も実際に挑戦し、「楽しいわぁ~」と本気モードになっていました。
日曜日は、たくさん来てくれますように・・・flairと願いつつ、土曜日は終わりました。

そして、日曜日sign03
天気は曇り時々晴れcloudsun  しかし気温はあがらず、寒い日でしたtyphoon
今日は、お客さん来てくれるかなぁ~?と心配しながら、準備をしていたら、第一号の子どもたちが!
その後も雨が降ったり風が吹いたりしていましたが、日曜日一日で、85人ほどの方が来てくださいましたnotes

20120325_0_2
↑受付の様子。しおりがこのイベントの入場パスになります。なくさないように名前を書いてもらいます。

さて、もりもり満喫まつり、どのようなイベントだったかというと、
まず、一日で何度でもチャレンジできるアトラクションが5つ。そして、一日一回チャレンジできるアトラクションが4つありました。

<一日で何度でもチャレンジできるアトラクション>
1.竹馬
20120325_1
↑こちらは、その名の通り、竹で作った、竹馬。竹馬に挑戦したのが初めての人も多かったようで、スタッフやお家の人が、ささえてあげたりしていましたが、サポートなしで竹馬に乗れたのは2人か3人くらいだったようです。 ちょっと難しかったかな?

2.竹ぽっくり
20120325_2
↑竹馬と同じスペースで行っていたのですが、竹馬より人気があった、竹ぽっくりです。
今回くさはら広場で行ったら、地面がやわらかくて「ぽっくり・ぽっくり」という音がまったくしませんでしたcoldsweats01

「竹ぽっくりは初めてやけど、フルーツの缶詰とかにひもつけて缶ぽっくりは子どものときしたよ~」
「え~私はしたことないわ~」
お母さんたちの会話が聞こえてきて、上の写真は初めて竹ぽっくりに乗ろうとされている所です!
そして、
20120325_22
↑「乗れた~!」お母さんの喜ぶ姿が素敵すぎて、ブログに載せてしまいましたhappy01

3.ゆみや
20120325_3
↑男の子に(昔男の子だった人にも!)人気の高い、的当てシリーズ第一弾、ゆみやです!的が大・中・小とあり、この子は一番難しい小さな的を狙っているところですshine
狙いをさだめて・・・とっても真剣な眼差しで、ポーズも決まっていますね。結果はどうだったのかなwink

4.パチンコ
20120325_5
↑男の子に(昔男の子だった人にも!)人気の高い、的当てシリーズつづいて第二弾、パチンコです!もちろん女の子にも人気flair 的は大きなドラム缶、当たるととってもいい音がします!パチンコには常連客というか、ずーっとパチンコをし続けていた子どももいたようです!確かにあの当たった時の感じは何度味わってもいいものですねconfident

5.竹のジグザグ道
20120325_4
↑おっとっとっと!
森の道にある木にロープで竹をくくりつけ、竹のジグザグ道が作られました!
そんなに高さはないのですが、竹はしなるので、歩いていると竹が揺れたりします。なのでけっこう難しいんです!
「ワー キャーhappy02」という声がたくさん聞こえ、多い子では4回も挑戦しに来てくれました!

<一日一回チャレンジできるアトラクション>
クイズラリー
20120325_a
↑いつもどおり、森の中にクイズが貼ってあります。クイズを探しながら森を一周してもらいました。8問のクイズで、正解の数によってスタンプの種類が違います。森ゆく人のスタンプを見せてもらっていましたが、モグラ(4~6問正解)とカマキリ(7~8問正解)のスタンプが多かったです!

竹うすぎり競争
20120325_b
↑ノコギリで竹をいかにうすく切れるか挑戦するアトラクションです。
イベントの年齢制限はないため、小学生未満のノコギリなんて初めて触るといった子どもたちも、スタッフ指導の下ノコギリを使って竹を切りました。
数人、手を切ってしまったのですが、1人も泣く子はいなかったようです。手は痛かったけど、切りたい気持ちの方が大きかったのかな?すごいなぁと思いましたconfident
「落ち着いて、丁寧に切る」これを教えてくれていたので、ケガをした人が少なくってすんだんだと思います。
うすぎり競争の結果は・・・
crown一番薄かったのは、1.2㎜というすごい記録だったお父さんでしたsign01
子どもの中で一番薄かったのは、2.4㎜と、私でも出せない記録を、約1時間ほどかけてじっくりじっくり切っていた遊林会にも来てくれているMちゃんでしたsign03 素晴らしいshine

カモフラージュゲーム
20120325_c
↑白いロープで囲まれたコースの中に、自然にないものがおいてあります。それを見つけるゲームです。

20120325_c2
↑「見つけた!」「あそこ!」など声を出してはいけないので、カモフラージュゲームの最中は静かです。このゲームは、大人より子どもの方が、たくさん見つけられたようですflair

最後のアトラクション、ウサギ狩り
20120325_d
↑ウサギ発見!
名前だけみると、いったい何するの?本物のウサギ?
と、びっくりするのですが、手のひらにのるくらいのおもちゃのウサギが区切られたエリアに60羽隠れています。それを探すゲームです。
5分間で15羽見つけたのが最高記録だったようですが、その記録をたたきだしたのは、お父さんでした。あらかじめスタッフから、子どもに負けず本気で挑んでくださいと言っていたので、さっすがお父さん!という記録を出してくれましたhappy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のイベントは、天候にはあまり恵まれなかったのですが、今までは子ども向けのイベントが多かった中で、大人の人にも、もちろん子どもたちにも楽しんでもらえるイベントができたらなぁと企画したので、参加してくださった方々の表情を見て、その目的は達成できたかなと思っています。
「子どもよりも、お父さんの方が真剣でした」と、ボランティアスタッフのみんなが口をそろえて言っていましたsmile

寒い日でしたが、自転車に乗ってやってきてくれた人たち、森が好きでいつも来てくれている人たち、そして遠くはインターネットを見て兵庫県から来てくれた人たち、その人たちのたくさんの笑顔や真剣な表情を見ることができた一日でした。みなさん、ありがとうございましたconfident

そして、雨の中、寒さの中、お手伝いに来てくれたボランティアスタッフのみなさん、私たちだけではあれだけのアトラクションはできませんでした。ありがとうございましたconfident

10周年を迎えましたが、河辺いきものの森は、末永く多くの人に愛される森づくりを目指して、保全活動や、来訪者への対応、森のイベントなどさまざまなことを行っていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。 bun

|

« 春はまだ遠い | トップページ | ようやく…! »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春はまだ遠い | トップページ | ようやく…! »