« 春のきざしは… | トップページ | 咲き出した花たち »

2012年2月16日 (木)

ケヤキの植栽

本日は好天に恵まれた中、遊林会の「木ままクラブ」作業を行いました。7名+スタッフ2名で作業をしましたが、本日の作業は「ケヤキの植栽」でした。

昨年末から、木ままクラブ作業日や遊林会の定例活動で「ケヤキ広場」のタラノキ・センダンなどいわゆる「先駆種」を伐採し、すっきりさせてきたところですが、タラノキやセンダンが優占しているところにはケヤキの実生がほとんど生育していないため、積極的に植栽して「ケヤキ広場」らしくしようというのがねらいです。

もちろん、この森の動植物は「持ち出さない・持ち込まない」が原則ですので、ケヤキの苗木を買ってきて植栽するわけではありません。そこで、①密生して生えていていずれ間引きが必要なケヤキの幼樹を掘り採るという方法と、②竹林の中などに運良く生えているものの暗すぎていずれ枯れるであろうケヤキの幼樹を掘り採るという方法、の2つの方法により、ケヤキを移植することにしました。

20120216_6546

↑ 仕事に一番大事なのは段取りです。いきなりケヤキを掘り採るのではなく、まずどんなケヤキの幼樹を移植すべきかマーキングしていきます。条件は、「芯がとまっていないもの」「できるだけ素直に伸びているもの」などをもとに選んでいきます。今回は、1本ずつケヤキを植えるのではなく、ケヤキの下枝をできるだけ横に張らせないよう寄せ植えするので、メインになるべき幼樹1本に対して、その周囲に植えるサブの幼樹3本を植える割合で幼樹を探していきます。こちらは竹林の中から選んでいるところ。

20120216_6549

↑ こちらは竹林の林縁部で幼樹が密生して生えている中から選んでいるところ。どれにしようかな~と考え中です。

20120216_6567

↑ そして、掘り起こしていきます。これがかなりの重労働。特に竹林の中は竹の根が張り巡らされているのでたいへんです。

20120216_6552

↑ 一方、ケヤキが密生しているところは何しろ密生しているのですから、こちらもたいへんです。

20120216_6574

↑ 現場まで苗を運んだら、前回の作業時に段取りしておいて植栽予定場所に竹杭を立てます。できるだけランダムになるように竹杭を立ててもらいました。その後、苗竹杭のところに配置します。

20120216_6592

↑ そして重労働の穴掘り。この区域にはたくさんのツル植物の根が張り巡らされていて、なかなか手強いです。

20120216_6580

↑ ようやく植栽です。ここまでたいへんな作業ではあっても、木を植えるというのは楽しい作業です。ここまでやってお昼ご飯に。

20120216_6587

↑ 午後からはケヤキの中に少しナラガシワも植えようと言うことで、その段取りを始めます。この森にはナラガシワの木が少ないので、3,4年前にナラガシワのドングリを拾っておいて発泡スチロールのプランターの中で育てていました。しかし順調に成長しすぎて発砲スチロールの底を根が突き破ってしまい、地中深くまで入っていました。ケヤキに比べるとナラガシワは太い根が深く潜る直根タイプなので、ここまで大きくなってしまうと堀り採るのも大変です。

20120216_6594

↑ こうして、ケヤキに加えてナラガシワも植栽した後は、メインとなる苗木が揺れないように竹を刺した支柱に結わえます。苗木を支柱にくくるのは、野菜を育てる時の添え木のような役割のためではなく、まだ細い根が十分育っていないうちに風などで木が揺れる時、細い根が地中でブチブチと切断されるのを防ぐためです。

20120216_6589

↑ 木を植えることは簡単(いや、今回は大変でしたが…)でも、難しいのは育てること。今年の夏には、この場所はうっそうとササやクズが生い茂るのは目に見えています。その時には刈り払い機で下草刈りをしますが、その際にせっかく植えた苗木を刈ってしまわないよう、植えた木の周りに短い竹杭を刺してバリアを作りました。

20120216_6596

↑ こちら植栽後の様子。竹杭がハリネズミのように立ち並んでいますが、これでも夏になると草にすべて覆われてしまうことでしょう。

20120216850_6600

↑ 最後に集合写真を撮りました。「この木が大きくなる頃にはわしらはおらへんからな~」とか言いながらも、みんなちゃんと葉っぱを出して元気に育ってくれるようにと丁寧に植えてくださいました。この写真、クリックすると大きくなります。

今日はケヤキを約50本、ナラガシワを約10本植栽しました。かなりの作業量だったため疲れましたね…ありがとうございました!

これから、良き「ケヤキ広場」に育てていきましょう。

                                         MARU

|

« 春のきざしは… | トップページ | 咲き出した花たち »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のきざしは… | トップページ | 咲き出した花たち »