« あそび隊 第3回目(Vol.1) | トップページ | 大阪からのお客様☆ »

2012年1月27日 (金)

冬の森に賑やかな声響く

厳しい寒さが続いていますが、本日は小学校3年生たちが来訪。この子どもたちは3年生になって2度目の来訪です。昨日の積雪のため、本日は条件が悪いかなと思っていたのですが、まったくそんなことはなく、午前中は2回も森に出て2時間近く雪の森の探検を楽しみました。

201201273_5916

↑ 普通、大人だとこんな日に、こんな状態の森を歩くのを嫌がりませんか?子どもたちはすごいです。本当によく歩きました。キツネやノウサギの足跡もたくさん見られたので、楽しかったと思います。

201201273_5872

↑ 雪の森の中でも、いろいろな発見をしてくれました。こちらは真っ赤な実を見つけたところ。アオキの実ですね。

201201273_5898

↑ 道から外れて、森の中にまで踏み込んだ子どもたち。ウバユリのタネなど、思わぬ発見があったようです。

201201273_5884

↑ スタッフがこんなものを見つけました。「ちょとここ、におってみ!」「うぉ、強烈!」 キツネのおしっこの跡です。でも人によっては鼻をつまむほどでもあり、それほど強烈でもないよ…というように評価は分かれましたが、いずれにしても雪の日にしか見つからない貴重な体験です。

201201273_p1279722

↑ こちら、「雪うさぎを作ろう」というお題に挑戦しているところ。え?と思われるでしょうが、その大きさはどんなものでもいいよ、ということにしたので、彼らは巨大な雪ウサギを作ろうとしているのです。でも、結局、雪だるまのようになってしまいましたが…

201201273_5953

↑ 午後からは、まず竹でコップや串を作りました。前回来訪時に、既にノコギリやナイフは使っているため、写真のような難しい使い方にも挑戦してもらいました。

201201273_5970

↑ その後は本日のメイン、たき火です。常にたき火は盛り上がります。

201201273_5960

↑ 先生たちにも挑戦してもらいました。先生も必死です。

201201273_6008

↑ 今日はこんな様子の中、たき火に挑戦してもらいました。やはり拾ってきた枝などが濡れていることもあり、いつもよりは少し時間がかかったかな?

201201273_6016

↑ 火がついたら、その日でマシュマロを焼きます。先生直伝の焼き方はこうだ!という図。

201201273_6028

↑ 本日のマシュマロは、他の学校がよく持参してくれるマシュマロとは異なり、焼いて食べる用のマシュマロ(外国製)を先生が見つけて持参してくれましたので、いつもと食感が異なりました。こんな風に、結構のびるんです。白いプレーン味と、ピンクのイチゴ味がありました。

201201273_6024

↑ 締めくくりは、たき火をがんばった先生のこの笑顔。今日は子どもたちだけでなく、先生も存分に冬の森を楽しんでもらえたと思います。

今回来訪した3年生たちは、4年生になったらもう一度来訪します。その時には、さらにレベルアップした活動が待っているのでお楽しみに!

                                      MARU

|

« あそび隊 第3回目(Vol.1) | トップページ | 大阪からのお客様☆ »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あそび隊 第3回目(Vol.1) | トップページ | 大阪からのお客様☆ »