« 大雪により | トップページ | 冬の森にて »

2012年1月 8日 (日)

背中が語る…

寒い日が続きますが、森にやってくる子どもたちは元気いっぱい。昨日に続き、本日も「モリイコ!」の子どもたちがやってきて、森は一日にぎやかでした。モリイコ!の様子はこのブログの姉妹編ともいうべき「モリイコ隊 活動記」をご覧ください。

こちらでは、子どもたちの探検中に撮った写真を何枚か…

20120108_5107

↑ 今の時期にはめずらしく蝶の写真を。小さくても美しい羽を持つムラサキシジミです。残念ながら死んでいました…と、写真を撮っている時には思ったのですが、調べてみるとムラサキシジミは成虫で越冬するとのこと。今日は少し日差しがあったので、もしかしたら越冬中に出てきてじっとしていただけなのかもしれません。

20120108_5130

↑ 若いドングリの木の枝に、ヘクソカズラのツルが巻き付いていました。その実の色は何とも言えない光沢を持つ、飴色のような色をしています。

20120108_5154

↑ こちらはヤマツツジの木の枝に引っかかっていたテイカカズラの種。たまに頭上からパラシュートのようにふんわりと種が落ちてきますが、このように木に引っかかってしまっては…でもいずれ落ちますね。

さて、現在実施中のモリイコ!は8回目です。

ちなみにモリイコ!は、4歳~小学3年生までの子どもを対象に、毎月1回、年間10回、森に来訪して様々な活動を行っている事業のことです。森での滞在時間は9:30~16:00まで、定員10人のグループを4グループ運営中です。

つまり、今日やって来たモリイコ!の子どもたちは今年度少なくとも7回は森に来ているわけで、7回の間に様々な活動を実施してきました。そして8回目の本日は、初めて子どもたちだけで森に探検に行かせました。

4~5人のグループで行かせるのですが、みんなモリイコ!で月に一度会うだけの関係であり、年齢・学年も異なります。いつもは私たちスタッフ(隊長)と一緒に活動するのに、今日は自分たちだけ…しかもいつも遊んでいる友だち同士ではなく、まだ8回くらいしか会ったことのない「森仲間」…

森仲間とは言え、みんなケンカもせずとっても仲良しか…と言えば、当然そんなことはありません。やはり子ども同士のことですから、口げんかなどもしょっちゅうです。4歳ができることと小学校3年生でできることには、ものすごく差があるので、何かを協力してしようとしても上級生は当然いらつくこともありますし、下級生は悔しくなることもあります。

それでもやらせてみました。もちろん単なるお散歩ではなく、協力してクリアすべき目標を設定しての探検です。結果は…

20120108800_5123

↑ この写真、クリックすると大きくなります。子どもたちの雰囲気を感じ取ってみてください。

あえて、何もコメントしません。この写真の子どもたちの様子が、森で8回活動してきた子どもたちの姿なのだ…とだけ加えておきましょう。

                                       MARU

|

« 大雪により | トップページ | 冬の森にて »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雪により | トップページ | 冬の森にて »