« 冬の森にて | トップページ | 竹林にて »

2012年1月13日 (金)

寒さに負けず

今日は13日の金曜日ですbearing。森の中にはチェーンソーではなく、草刈り機の音や製材をする音が鳴り響いていました。

天気予報は晴れ!でも寒い日でしたtyphoon

ここ数日、会議が続いていたのですが、今日はスタッフそれぞれイベントの準備や明日の観察会の準備などなど、スタッフルームではなく、外で仕事をしています。部屋の中にいたら外は寒そうと思うのですが、ずっと外にいて体を動かしている方が、暖かいし、気分もよくなるように感じます。

今日は、1月末に来訪がある小学校のクイズやプログラムのネタ探しに森へ小一時間でかけました。

くさはら広場には今たくさんの“花”が見られます。
20120113 ロゼットと呼ばれる、植物の葉っぱです。“ロゼット”とは、バラ(ローズ)の花のような形のことをそう呼ぶそうです。

この、ロゼットで有名な植物といえば・・・
20120113_2 タンポポです。
タンポポの葉っぱは、一生このロゼット形で、花の時に伸びている茎には葉がつかず、ずっと葉は、地面に放射状にのびている状態なんですね。他にも、オオバコも一生葉っぱがロゼット形の植物です。

冬だけ、ロゼット形という植物もあります。
20120113_3
おそらく、ハルジオンのロゼットだと思います。春になれば、茎をのばし、その茎に葉や花をつける植物です。

このロゼット形の植物は、冬の寒い間は、地面すれすれに葉をのばし、光合成をして栄養をたくわえます。それだけでなく、この葉は、風や乾燥、根のまわりが凍るのを防ぐ役割もはたしているという、なんともかしこい植物たちの戦略なんです!毎年見つけるたびにすごいなぁ~と思っているのですが、今日はその葉っぱが、本当に花のように地面いっぱいにたくさん見られたので、いくつか紹介したいと思います。

20120113_4 こちらは、チチコグサの仲間のロゼットです。葉っぱが重ならないように、きれいに葉を広げています。

20120113_5 こちらは、オオバコのロゼットです。枯れ葉が多くって、ちょっと花のような形はわかりにくいですが、鮮やかな黄色がとってもキュートですhappy01

20120113_6 最後に、キュウリグサです。ヘラのような形の葉っぱは、ロゼットの時からなんですね。キュウリグサは、ハルジオンのように、春になると茎をのばして水色で小さな花を咲かせます。春が待ち遠しいです。

森の中を歩いていると、年明けの雪で折れてしまった木を見つけました。
20120113_7 アラカシの木です。明日の遊林会の作業メニューで倒木の処理を行うので、明日には伐られてしまう・・・

20120113_8
伐られるその前に倒木平均台をして遊びました!枝が細くなるにつれて「ギシッ ギギッ」という音・・・ お正月太りしてしまったのかしら??とちょっとショックを受けながら、落っこちないように平均台を行ったり来たりしましたdash

最後に
ナワシログミの葉っぱに、模様がついているのを見つけて、こんな風にしてみました。
20120113_9 クリックすると大きくなります
花は、どんぐりの葉っぱ、口はナンテンの葉っぱです。みなさんは、どの顔が好みですか?

スタッフルームに帰ってきてから、葉っぱの福笑いをしました。なかなかおもしろいので、ぜひみなさんもやってみてくださいwink bun

|

« 冬の森にて | トップページ | 竹林にて »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の森にて | トップページ | 竹林にて »