« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

よいお年を

本日は2011年最後の勤務日。今年はモリイコ!を筆頭に、とても忙しい年でした。そのため、今年は明らかにこのブログの更新頻度が落ちてしまい、刻々と変わる森の様子を十分にお伝えできませんでした。来年はもう少しがんばれるかな…

さて、本年最後のブログは、写真のみをお送りします。日頃、ブログを書くために写真を撮る場合には、写真に対して何らかのコメントや解説を行うために、単に「きれいな」風景などを撮ることはあまりありません。

しかし、森を歩いていると解説などは不可能だけど単純に「ハッ!」と目を奪われる場面に出会うことがよくあります。今日は何も考えることなく少しだけ森を歩けたので、思うがままに撮影した写真を並べてみます。カメラはNikon D700、写真はすべてノートリミング、使用レンズと撮影データのみ表示し、横位置の写真はクリックすると大きくなります。

20111228850nc1_4486

↑ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G。ISO200、1/100、F/8、露出補正-1.0。

20111228nc1_4496_2

↑ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G。ISO200、1/100、F/4、露出補正-1.0。

20111228nc0_4539

↑ AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。ISO200、1/50、F/5.6、露出補正0。

20111228850nc22_4508

↑ Tamron SP AF180mm F/3.5 Di LD。ISO320、1/200、F/5.6、露出補正-2.2。

20111228nc15_4512

↑ Tamron SP AF180mm F/3.5 Di LD。ISO320、1/100、F/8、露出補正-1.5。

来年はどんな森を撮ることができるでしょうか?そしてどんな子どもたちが来てくれるでしょうか?楽しみです。

ちなみに、現在滋賀報知新聞に連載中の「いきものの森と子どもたち」の番外編的な記事として、新年1月1日の滋賀報知新聞(第3部)の見開きページに、森で感動した出来事を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

それでは、みなさまどうぞよいお年を!

                                       MARU

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

冬のもりもりデイキャンプ!

12月27日…いよいよあと数日で今年も終わりですが、そんな中、森では本日「冬のもりもりデイキャンプ」を実施しました。

正確には、冬のもりもりデイキャンプ「2」であり、「1」は12月初旬に実施済みです。当初は「1」のみの実施予定だったのですが、定員40人に対して申し込みが174人という超人気イベントになってしまったため、抽選にもれた方を対象に急遽第2弾を企画し、本日実施することになったのです。

10年来の森の利用の中にあっても、12月27日という年末に子ども向けのイベントを実施した記憶はありません。しかも平日です。それでも、もうピンポイントでこの日しか空いていなかったため、実施することにしました。

しかし…

20111227_4075

↑ 昨晩からこの地域では降雪があり、そこそこ積雪がありました。朝から電話で「こんな雪でも実施するの?」との問い合わせがたくさんありましたが、子どもたちにとっては雪は何ら問題なし!予定通り「実施します」とお答えしました。その分、スタッフは準備がたいへんでしたが…

20111227_7947

↑ 本日は急病等で欠席が増え、最終的に29人の子どもたちで9時にスタートしました。室内で少し話をした後は、早速雪の森へ!木を揺すって落ちてくる雪などを楽しみながらの探検です。

20111227_4094

↑ 森の探検中に、隊長から指令が出て、本日の昼食レシピが入った竹筒を探しました。森から帰って、早速調理にかかります。本日は3種類のシチューと鮭の炊き込みご飯でした。

20111227_4131

↑ 調理の段取りが済めば、いよいよたき火にかかります。マッチの付け方を練習し、みんなで協力して火を起こします。

20111227_4157

↑ 十分火が起こったら鍋をかけます。ひとつの班は、2台のたき火台に火を起こし、シチューの鍋とご飯の鍋の2つをそれぞれ火にかけました。

20111227_4205

↑ そしてみんなで「いただきます!」 シチューのジャガイモがほくほくで「あっつっつ!」としているの図。ご飯もシチューも各班上手にできました。

20111227_4219

↑ 食べた後は鍋洗い。たき火のススで真っ黒になった鍋が、ピカピカに輝くまで洗ってもらいます。お湯ではなく水で洗うので、思わず「手が冷た~い!!」と顔をしかめています。冷たい水で洗い物をする経験は今なかなかしないですからね。

20111227_4283

↑ さて、午後からは新たな指令が出ました。4つのアトラクションをクリアしに再び森に出かけます。こちらは「巨大パチンコで的当て」しているところ。生えている二股の木にゴムを結び、大きなパチンコでボールを飛ばします。

20111227_4318

↑ こちらは、森に隠された巨大ドングリ迷路を探し出してクリアするアトラクション。みんなで協力して傾けないとクリアできません。

20111227_4484

↑ こちらは、拾った落ち葉を使って顔を作るお題。ユニークな顔がたくさんできました。

20111227_4307

↑ そして最後は、森で木の実や草の実を5色拾って「森ケーキ」を作るお題。まずは森で5色の実を見つけないといけません。

20111227_4233

↑ 次に、ノコギリで竹を切って、竹の輪っかを作ります。今日初めて出会った子どもたち同士なのですが、「同じ釜の飯を食う」仲になった子どもたちは、午後から互いに協力してクリアを目指していました。

20111227_4448

↑ そしてこんな風に、竹の輪っかの中に粘土を詰め、実を並べて「森ケーキ」の完成です。

20111227_4465

↑ 最後は、自分で作った竹コップにココアを入れて飲みます。今日一日、一緒に活動した班の仲間たちと同じ飲み物を飲む…どこからともなく、「かんぱ~い!」の声が聞こえてきました。子どもたちなりに「絆」ができたのかもしれませんね。

年内、ネイチャーセンターは本日で閉館します。明日も職員は出勤していますが、大掃除…かな?年明けは1月4日から職員は出勤、センター開館は5日からです。

明日もブログの更新はできるかな?わからないので、とりあえず良いお年を!

                                       MARU

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

初雪

昨夕から今にも雪が降りそうな寒さとなりましたが、寝る前に外を見ればまだ降らず。しかし今朝、窓から見た景色は一面うっすらと雪化粧をしていました。今シーズンの初雪です。

しかし今日の雪はあっという間にとけてしまうことが分かっているので、森に着くと事務所にも寄らずまずは林冠トレイルの上へ。

20111217_3308

↑ うっすらとですが、それでも一面の雪景色が広がっていました。

20111217800_3310

↑ このような景観を楽しむことができるのも、高さ12mの林冠トレイルがあるからこそです。この写真、クリックすると大きくなります。

20111217_3283

↑ まだ葉の落ちきっていないコナラの葉に、雪が付着しています。この景色を目にした途端に頭をよぎったイメージは、「一夜にして白髪になる人」でした。

20111217_3316

↑ こちらは立派なクヌギの木に積もった雪。白と黒のコントラストの美しさに目を奪われました。この木は四季を通じて良く撮らせてもらう木です。

20111217850_3303

↑ どこまでも広がる森…という雰囲気ですが、実際にはわずかに広がるだけです。こんな景観を楽しむことができる、貴重な森です。この写真、クリックすると大きくなります。

20111217850_3320

↑ 最後は逆光で撮影した1枚。朝陽を受けて、キラキラと輝いています。この写真、クリックすると大きくなります。

撮影している間にも、雪は次々ととけて落ちていってしまい、1時間足らずでこの景色はすっかり見られなくなりました。

そして撮影中、にぎやかだったのはキツツキの仲間の「コゲラ」たち。あっちでコンコン、こっちでコンコンとつつきまわっていました。そう言えば今シーズンはまだ野鳥の写真を撮っていません。また機会を見つけて撮影します。

                                      MARU

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

暖かな日差しをうけて

20111214 キラ キラ キラ 昼過ぎの森は、太陽の光に照らされてとってもキラキラしていました

今日は、日中14℃まであがったそうです。

午前中は、毎年作業体験に来てくれている高校生と、久しぶりにカシの木の伐採と、竹材とりを行いました。 

午後からは、モリイコ!やデイキャンプ、来年度のことについての話し合い・・・最近は、森の中にいるよりも、話し合いをしている時間が長いという日が多くなっています。

お昼休みを終えてから、午後の話し合いの時間まで少し時間があったので、カメラを持ってひさしぶりに森にでかけました。

日曜日に、モリイコ!の子どもたちと森を歩いていたら、こんなものを見つけたんです。
20111214_2 ヤブツバキの花です。木にも一輪さいていましたが、もうすでに地面に落ちてしまった花もあるなんて、ちょっと早くないですかwink なんだか嬉しくなってしまいました。

今日、写真を撮ったのはすべて交流広場です。
一番に載せた写真は、ヒガンバナの葉っぱですbud
ヒガンバナは、花の時期には葉っぱがありません。木々たちが葉を落とす冬から春にかけてヒガンバナは葉をだして、太陽の光をたくさん浴び、そこから作られた栄養を球根に貯めこみ、秋に真っ赤な花を咲かすんです。そんな様子から「葉見ず花見ず」という別名も持っているんですよ。今日も光を浴びて、葉っぱがなんだか活き活きしている感じがしましたhappy01

今年は、リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の青い実がとてもたくさんあるように思います。今日も見つけて写真を撮っていると・・・
20111214_3青い実の中に、カメラと私がうつっています(笑) 今日は、青空の写真を撮り忘れていたのですが、この実の中に今日の空の青さまでうつっています!

20111214_4 リュウノウギクの花を終えたあとの姿です。寒々しい日に見たら、きっと切なくなってしまったかもしれないのですが、今日は光に照らされて、「お疲れさま~」っていう気分になりました。

20111214_5 こちらはサルトリイバラの実。赤い実が特徴的なサルトリイバラで、いろんなサルトリイバラを撮ったのですが、4つある実の色がすべてちがうこの写真が一番お気に入りです。なんか赤ワインのような渋い色がグッときました。

最後に
20111214_6 交流広場にたくさんある、ヤブコウジ。私はひとつの木に、ふたつ実がついているヤブコウジがとってもお気に入りですsmile bun

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

気付けば紅葉

12月に入り、連日学校の来訪やイベントが続いておりスタッフはまったく休む間もありません。しかし森では着実に季節が進んでいて、気付けばイタヤカエデの黄葉は見頃を終えてしまっていました。

20111206_3035

↑ 今は「モミジの林」の紅葉が盛りです。ただ、1枚1枚の葉はほとんどが縮れてしまっています。こうして遠目から見るほうが見事です。

20111206_3029

↑ 私は雑木の紅葉が大好きです。色とりどりという魅力以外にも、木々の姿や枝振りがそれぞれ異なることに美しさを感じます。

20111206650_3027_2

↑ 今日、10年以上森にいて初めて見つけた生き物がいます。この小さなカマキリ、ヒメカマキリです。子どもたちと森を歩いている時に、偶然に発見できました。体長は25mmほど。本当に小さなカマキリでした。この写真、クリックすると大きくなります。

10年いても、いまだに「初めて」がある…だから面白いんですよね。

                                           MARU

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »