« 少しずつ華やかに | トップページ | 紅葉短信 »

2011年11月17日 (木)

天国のような…

本日も小学生の来訪で森は一日賑やかでしたが、同時に遊林会「木ままクラブ」の作業日でもあり、今日もベテラン勢に枯れ木の伐採などたくさん作業をしていただきました。

さて、今年の紅葉は現在のところイマイチですが、それでもイロハモミジなどがそれなりに紅葉してきました。

20111117_2009

↑ こちらアカシデの紅葉。この木は毎年すばらしい紅葉を見せてくれるのですが、今年は見頃を迎える前に多くの葉が散ってしまい、寂しい状態です。それでも、今日のような青空には美しい葉色を輝かせていました。

20111117_1982

↑ こちらは紅葉が主役ではなく実が主役ですが、美しい紅葉を見せてくれているシラキの実です。そろそろ割れ始めました。

20111117_1989

↑ 寒くなってきて生き物の姿もずいぶん減りましたが、今日のような日差しがあるとカナヘビなども活動しています。こちら木もれ日の中で日向ぼっこをする、まだ子どものカナヘビ。

20111117_1953

↑ 15日と16日、スタッフが立て続けにキツネを目撃しました。15日はbunちゃんが、水辺のベンチの上でのんびりくつろいでいるキツネを見たそうです。16日は私が、わずか4mほどの距離をおいてばったりとキツネに出くわしました。そのキツネが私に気付くと驚いて走り去ったのですが、この写真はその時の様子です。逃げながらも、耳はしっかりとこちらに向けているように見えますね。

20111117850_2000

↑ 最後は本日のお気に入り。ウバユリの種子の写真です。ぎっしり詰まった羽付きの種子が、今にも散らばっていきそうでした。この写真、クリックすると大きくなります。

本日来た小学1年生が森から帰るとき、「今日は来て良かった!」とか、「大人になったらここで働くわ~」などとうれしい感想をたくさん言ってくれたのですが、その中でも帰る間際に男の子が叫んだ傑作な一言がありました。

「ここって天国やな~!」

本当に、森を楽しんでくれたのですね。また来てね。

                                       MARU

|

« 少しずつ華やかに | トップページ | 紅葉短信 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しずつ華やかに | トップページ | 紅葉短信 »