« 中学生の職場体験 | トップページ | 天国のような… »

2011年11月12日 (土)

少しずつ華やかに

本日は秋らしく気持ちの良い一日でした。森では遊林会の活動日でしたので、みなさん気持ちよく作業を楽しめたことと思います。ただ、少し作業をすると汗をかくほどでしたが…

今年、みなさんの地域の紅葉はいかがですか?森では、例年なら今ごろ美しいはずの樹種がイマイチです…

20111112_1743

↑ たとえばこのヤマハゼ。例年、全身真っ赤になってから葉を散らし始めるのですが、今年は少しずつ赤くなっては順番に散っていった感じで、木全体としての紅葉はあまり楽しめませんでした。

20111112_1751

↑ 一方で、例年のように美しく紅葉している木もあります。こちらシラキ。この木は毎年美しく紅葉してくれます。

20111112_1753

↑ シラキの葉は、赤や黄色や緑が美しく入り交じった紅葉になることが多いので、1枚の葉で十分「絵」になる植物です。

20111112_1744

↑ イロハモミジの紅葉はまだ先ですが、気の早い木がそろそろ紅葉しはじめました。

20111112_1773

↑ 寒くなり、紅葉が美しくなりはじめる反面、生き物たちの姿はぐんと少なくなってきました。こちらのコカマキリも、ずいぶんと動きが鈍くなってきました。

20111112_1865

↑ 先日のフォトログではフユイチゴやムラサキシキブなどの実を紹介しましたが、他にも実はたくさんみのっています。こちらは少し地味ですが、ヤマコウバシという木の実です。

20111112_1808

↑ そして派手な実の代表とも言える、サネカズラ(ビナンカズラ)の実。少し暗い森の中でこのようにぶらさがっているとかなり目立ちます。

20111112_1817

↑ 今日の遊林会の作業では、私は1人で下草刈りをしていたのですが、偶然シュンランの実(さや)を見つけました。これは見つけようとしてもまず見つけられないほど数が少ないので、10年森にいる私もこの個体を入れて5本程度しか見つけていません。そのいずれも、探そうとして見つかった物ではなくすべて偶然見つけた個体ばかりです。うまく熟すといいなあ。

20111112_1788

↑ 偶然の発見は楽しいものです。こちら、タンポポの綿毛がすべて飛んでしまったあとに朝露がついたもの。きれいでした。

20111112_1884

↑ タンポポの綿毛とよく似た種子をつけるものに、アザミがあります。こちらのアザミも花が終わって、綿毛ができていました。

20111112700_1879

↑ そのうちひとつがシャガの葉の上にのっかっていました。よく見ると、鳥の羽根のように細かい毛がびっしりと生えていました。撮影のあと試しに飛ばしてみると、タンポポの綿毛よりも長く空をただよっていました。この写真、クリックすると大きくなります。

秋の森にはいろいろな発見がたくさんありますよ。ぜひ、ゆっくり森を歩いてみてください。

                                        MARU

|

« 中学生の職場体験 | トップページ | 天国のような… »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学生の職場体験 | トップページ | 天国のような… »