« 子どもの可能性 | トップページ | 親子で楽しむ森 »

2011年9月29日 (木)

秋本番

秋と言えば紅葉や「食」など、どことなく風情を感じさせるものが多いですが、河辺いきものの森で秋と言えば「子どもたちの声」です。先週から、学校等が訪れ森は連日賑わっています。

201109292_9503

↑ 本日は小学校が2つ来訪。両校とも午前から午後まで1日の滞在で、ドングリ拾いをはじめ森の探検などたっぷりと秋の森を楽しんだと思います。こちらドングリを選りすぐって集めているところ。

201109292_9499

↑ 秋の草はらではバッタの仲間がびっくりするくらいたくさん飛び跳ねています。素手でつかまえるのはなかなか難しく、つかまえられたら得意げに見せてくれました。

201109292_9500

↑ こちら、森の探検中に草はらを歩いていて、気づくと「ひっつき虫」だらけになっているところです。このひっつき虫はミソナオシという植物の実で、私たちは「森で一番強力なひっつき虫」と呼んでいます。滋賀県ではこの森と、あともう1カ所どこかでしか生育が確認されていない植物だったと思いますが、子どもたちはそんなこともつゆ知らず、こうやって「うわ~、むっちゃひっついた!」と言っては森のあちこちでその実をばらまいていますから、この森では徐々にミソナオシが増えています。ミソナオシにとっては思惑通り?

201109292_9496

↑ 今日はササ舟を作ってみようというお題も出しました。今の子どもたちでササ舟を作ったことのある子どもはほとんどいません。自然を使った単純な遊びを知って、子どもたちは大喜びです。

20110928_9462

↑ 日時が前後しますが、こちらは一昨日来訪した保育園の様子。一昨日から、いよいよ焼き芋プログラムもスタートしました。こちらみんなで熾火の中にポイッと放っているところ。今から1時間かけて焼き、子どもたちはその間に拾っておいたドングリで工作などをします。

20110928_9475

↑ 1時間後、ちょうどいい具合に焼けました。たき火で焼いた焼き芋なんてなかなか食べられませんよ。アツアツのお芋を前に思わず笑顔がこぼれます。

20110928_9489

↑ もちろん、食べればさらに笑顔が広がります。今シーズン初めての焼き芋でしたが、もはや「焼き芋名人」の域に達しつつあるスタッフTによって、見事な黄金色のお芋となりました。

やっぱり「食べる」活動が入ると楽しさも倍増します。秋の森の楽しみのひとつです。

                                          MARU

|

« 子どもの可能性 | トップページ | 親子で楽しむ森 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもの可能性 | トップページ | 親子で楽しむ森 »