« いきものの森1日レンジャー | トップページ | 輝く3人 »

2011年8月25日 (木)

森の粋な落とし物

森には「ファーブルフォト」というNikonの実体顕微鏡があります。実体顕微鏡は双眼で、顕微鏡ほどの高い倍率ではなく、数十倍程度の倍率で物を見ることができるため、昆虫や植物の観察に向いています。このファーブルフォトは、その名の通り「フォト」が撮れます。実体顕微鏡にデジタル一眼レフカメラを接続して撮影できるのです。今日は、ネイチャーセンターの周りで見つけた物を拡大して撮影してみました。

20110825_8098

↑ センターの周りを歩いて3分足らずの間に、これだけの物を見つけられました。アブラゼミの抜け殻から反時計回りに、アブラゼミの羽、タマムシの羽、そして初めて見つけたアカアシオオアオカミキリの死体です。

20110825_8092

↑ まずはアブラゼミの抜け殻です。よく似たミンミンゼミの抜け殻との見分け方は、触角の第3節の長さや毛の生え具合などで見分けるのですが、拡大してみるとこちらはアブラゼミと確認できました。それにしてもびっしりと毛が生えていますね。

20110825_8076

↑ こちらアブラゼミの羽。アブラゼミの羽には肉眼でも緑の筋が入っているのが見えますが、拡大すると血管のように立派?です。そして茶色一色に見える羽には、うっすらと白い模様があることが分かりました。

20110825_8065

↑ タマムシのハネです。小さな凹凸がびっしりとあります。色を反射しやすくしているのでしょうか?羽の構造を強くすることにも役立ちそうです。

20110825_8073

↑ タマムシの羽の裏側です。表とはまた違う複雑な凹凸があり、鈍い輝きを放っています。まるで金属ですね。

20110825_8081

↑ 今回初めて発見したアカアシオオアオカミキリ。タマムシほど派手ではありませんが、立派な金属光沢を持つカミキリムシです。

20110825700_8089

↑ 今日一番きれいだと思った写真。アカアシオオアオカミキリの羽の部分です。タマムシの羽と同様に、細かい凹凸があって宝石が散りばめられているようです。この写真、クリックすると大きくなります。

今日は初めてファーブルフォトで撮影したこともあってイマイチ要領がつかめず、一枚紗がかかったようなぼうっとした画像しか撮影できませんでした。昆虫だけでなく花や実やタネなども拡大すると面白そうですね。また機会があれば撮ってみます。

                                          MARU

|

« いきものの森1日レンジャー | トップページ | 輝く3人 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いきものの森1日レンジャー | トップページ | 輝く3人 »