« かくれんぼの日?? | トップページ | 葉っぱコレクション »

2011年8月13日 (土)

久しぶりの森歩き

今日は遊林会の活動日。朝からとっても暑かった上、お盆と重なったので人が集まるかと心配でしたが、結果的には36人が参加し、暑い中予定通り4つの作業メニューを終えることができました。お疲れ様でした!

昨日まで遊林会スタッフと私は「東近江市やまの子キャンプ」実施のため森の外に出ていました。6日間の行程のうち、団体様のご案内をするため私は途中で一旦森に帰ってきましたが、その時はのんびり森を回る時間はなかったので、今日は午後から久しぶりにゆっくりと森を歩きました。とは言っても暑いので、1時間半ほどでしたが…

20110813_7496

↑ 木道沿いには、ヌスビトハギの小さな花が咲いています。小さいので何となくしか目につかない植物ですが、よく見るときれいな花をつけます。

20110813_7638

↑ こちらも目立たない花ですが、冬に真っ赤なおいしい実をつけるフユイチゴの花です。フユイチゴのきれいな花は探してもなかなか見つかりません。今日もたくさんの花を探しましたが…図鑑ではもう少しきれいな花の様子が紹介されていますが、形の整ったフユイチゴの花を見つけるのはかなり難しそうです。

20110813_7525

↑ キャンプに行く1週間前までは、今シーズンこの森でナラ枯れで枯れた木はなかったのですが、この1週間の間に2本枯れてしまいました。いずれも、以前よりかなり木が弱っていたものです。近々伐採します。

20110813_7656

↑ ナラ枯れは、木にとってえらい迷惑な話でしょうが、ナラ枯れの木の根元に巣をはっているクモにとっても迷惑なことがあります。カシノナガキクイムシが木に穴を開けた際に出る木くず(フラス)が大量に落ち、それらがクモの巣につくことで、糸がどこにあるかがバレバレなのです。普通クモは、糸に異物がつけば早いうちにそれを取り去りに行くのですが、ナラ枯れの木から落ちてくるフラスは大量で間断なく落ちてくるため、クモは取りきれないようです。このため、ここにいたクモは巣を放棄したのか、姿は見えませんでした。

20110813_7573

↑ こちら別のクモの巣。糸に巻かれた獲物がたくさん「保存」されていました。この巣の主は…

20110813_7559

↑ このクモです。とても大きなクモで、腹の大きさは親指の爪ほどあります。かなり特徴的な模様をもっているのに、クモの図鑑で調べても名前が分かりませんでした。

20110813_7520

↑ 最後はシダの写真。葉の裏の胞子の模様です。葉脈とはまた違う模様が美しいですね。

雨が降らないので森はカサカサです。夏らしい夕立もありませんね。そろそろ降ってもらわないと、植物は苦しそうです…

キャンプも無事に終わり、ぶっとおしで働いてきた私も明日は13日ぶりに休みを頂きます。でも森にはモリイコ!の子どもたちが元気にやってきて、賑やかになります。

                                         MARU

|

« かくれんぼの日?? | トップページ | 葉っぱコレクション »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かくれんぼの日?? | トップページ | 葉っぱコレクション »