« 森の竹祭り | トップページ | »

2011年8月 7日 (日)

森のキノコたち

こんにちは、比較的涼しかった先週から一転、夏の暑さが戻ってきましたね。

先週は時々夕立があったせいか、思い出したかのようにキノコが生えていることがあります。
今回は、そんなキノコたちを紹介してみようと思います。

20110802_03
↑ 道ばたでとても目立つ、サンコタケ。
この仲間のキノコは、とにかく「臭い」です。写真でハエがとまっているように、この匂いで様々な虫を引き寄せているようです。

20110802_02
↑ チップを敷き詰めた遊歩道に生えていました。
おそらく、スジチャダイゴケだと思うのですが…
大きさ1~2cm程度の小さいキノコです。お椀のような中にツブツブが入っていますが、これが植物で言う「タネ」のもとです。

20110802_01
↑ 野鳥観察壁の近く、ササ刈りをした後に生えていました。
テングタケの仲間で、おそらくシロツルタケかな?
あちらこちらにポツポツと並んで生えています。

20110802_
↑ 野神さん・愛知川方面へ行く分かれ道付近、カサが30cm近い大きさのキノコが!
イグチの仲間で、おそらくヤマドリタケモドキだとおもわれます。

20110802_sp
↑ これもイグチの仲間ですが、ちょっとわかりませんでした。
カサに虫食いのような白い模様があるのがなんとも可愛らしいです。

20110802_or01_2
↑ 最後はよくわからないキノコです。
シロソウメンタケの仲間かと思うのですが…
真っ白な胴体に、先端だけ黄色が入る可憐なキノコでした。

さて、今日紹介したキノコはまだまだほんの一部です。
ときおりビックリするほど大きなキノコや綺麗なキノコが生えているので、みなさんも森に来たらキノコウォッチングを楽しんでみませんか??

RYOMA

|

« 森の竹祭り | トップページ | »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の竹祭り | トップページ | »