« 環境フェスタと森のこと | トップページ | 台風の被害 »

2011年7月15日 (金)

夏休みカウントダウン

森ではセミの声が日に日に多く、にぎやかになっています。いよいよ夏だなあという感じです。私たち大人はともかく、子どもたちはあと2日学校に行けば、いよいよ夏休みがスタートします。森のスタッフは夏休みに子どもたちを迎える準備その他で大忙しです。

いろいろと準備で忙しいものの、さすがにこの時期は学校からの来訪はほとんど無い(来週保育園が来ますが)ので、「岩にしみいるセミの声」以外は静かな森です。

20110713_6699

↑ まずは夏らしい一場面を。樹液にむらがるカナブンです。昼間からこんな調子だと、夜にはとても混み合っているのではないでしょうか?しかしこの酒場(?)はオオスズメバチも常連さんですから、写真を撮っている間も油断できません。みなさんも気をつけてくださいね。ちなみにほとんど「カナブン」ですが、1匹だけ青く輝いているものは「アオカナブン」です。

20110715_6711

↑ ケヤキの木です。今年は春から森のどのケヤキの葉も様子がおかしく、いつまでたってもいつもの鮮やかなケヤキの新緑になりませんでした。ウイルスなどの病気にやられたのではないかと心配したのですが、結局原因はわかりませんでした。そんなケヤキに、今ちょうど2回目の新葉が出てきて光り輝いています。

20110715_6716

↑ 遠目に見るとこんな感じです。すべてのケヤキで新葉が出ているわけではありませんが、多くのケヤキが今こうした状況です。元気になってくれるといいのですが。

20110715_6777

↑ 草はらではいろいろな生き物に出会うことができます。こちら、ナツアカネの未成熟な個体だと思うのですが、なかなか同定が難しいです。背景に見えているオレンジ色は今たくさん咲いているヤブカンゾウの花です。オニユリはまだ咲いてないです。

20110715_6761

↑ 最後は木陰で休む小さなチョウ。ミズイロオナガシジミだと思います。チョウもいまたくさんの種類が飛んでいますが、ヒラヒラと飛び続けてなかなかとまってくれないチョウは写真に撮れません。そんなチョウできれいなものもたくさんいるのですが、中でもじっくり撮りたいチョウが見事な光沢の羽をもつカラスアゲハです。一度、その死体の羽をじっくり見たことがあるのみで、生きているカラスアゲハは撮ったことがありません。今日、一瞬だけそのカラスアゲハに出会ったのですが、もちろん写真は撮れませんでした。

昼間はニイニイゼミの声がにぎやかですが、数日前から夕方になるとヒグラシが鳴きはじめています。さあ、もうすぐ夏休み!

                                        MARU

|

« 環境フェスタと森のこと | トップページ | 台風の被害 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 環境フェスタと森のこと | トップページ | 台風の被害 »