« 夏休みカウントダウン | トップページ | 夏休みが始まりました! »

2011年7月20日 (水)

台風の被害

ただ今7月20日の正午。大型の台風はちょうど今頃近畿地方に最接近ということですが、今のところ当地は大丈夫のようで、それよりも昨日の方がよほど強い風が吹き荒れていました。

18日月曜と19日火曜は休館日のため森はお休みだったのですが、その荒れ狂うほどの風が森にどのような影響を及ぼしたのかと、今朝早速森を回ってみました。

20110720_6955

↑ たくさんの枝が道の上に散らばっていました。多くはクヌギやアベマキなどのドングリの木の葉で、あと1ヶ月半もすると落ちるはずだったドングリの子どもがたくさん落ちてしまいました。

20110720_6959

↑ 今回は倒れた木は無かっただろうかと心配しながら回っていると、やはりありました。こちらイロハモミジの木です。根っこから倒れてしまっていました。

20110720_6963

↑ そして水辺では、水辺のビオトープを整備後に自生してきたヤナギの仲間(イヌコリヤナギかな?)が根っこからひっくり返っていました。

他にも竹が倒れたり、アオダモの一部が幹の途中から折れたりなどの被害があったのですが、思わず「わあ~っ!」と声をあげてしまった被害はこれ…

20110720a_6964

↑ 林内の倉庫の近くに生えていた、イヌザクラの巨木が根元から折れてしまったのです。弱ってはいたのですが、とても立派な木でした。ざっと目視で測ってみると、胸高直径55センチ程度、樹高18メートルほどはあるかと思います。

20110720b850_6974 

↑ こちらそのイヌザクラの枝の方から撮影したところ。クリックすると大きくなります。かなりの量の枝が出ていて、この付近の空をすっぽりと覆っていてくれましたが、今日見上げるとかなり巨大な「穴」が森に開いてしまいました。これはこれで、次の植物が育つきっかけになるのですが、やはりその存在が大きかった木だけにとても残念です。

これらの木の処理は、明日の「木ままクラブ」活動日で行いたいと思います。暑いこの時期の作業は午前中だけで終了するようにしているのですが、明日は一日かかるかなあ…

                                        MARU

|

« 夏休みカウントダウン | トップページ | 夏休みが始まりました! »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みカウントダウン | トップページ | 夏休みが始まりました! »