« 6月の雨 | トップページ | コアジサイ讃歌 »

2011年6月 2日 (木)

ナガサキからやってきたの?

炭焼き小屋の隣に、白い花が咲き出しました。

近づいてみたら、「イボタノキ」の花でした。

20110602白く小さな花がたくさんついていて、花びらは4枚でラッパのような形です。木はあまり大きくならないので、2メートルくらいの高さで、においがします。

20110602_2  花の写真を撮っていたら、ヒラヒラヒラ ヒラヒラヒラ

 sign02

初めて見るチョウチョのような・・・

気づかれて、飛んでいかれないようにそ~っとそ~っと近づいてみましたが、蝶は密を吸うのに必死でこちらには気づいていなかったのか、何枚か写真を撮らせてくれました。

201106022

 ナガサキアゲハという蝶ですclover  日本の黒いアゲハチョウの仲間で、後ろバネに、しっぽのような突起(尾状突起)がないことが特徴です。そしてこのナガサキアゲハはメスで、雄ならば、ハネが黒一色なんだそうです。

さて、ナガサキアゲハという名のこの蝶。シーボルトが長崎で発見したため、この名がつけられました。1980年ごろより京阪神に定着し、だんだんと分布が北上し今では関東でも見られるようになっているそうです。

**

今日、いつも聞こえるフクロウの鳴き声の他に、カッコウとホトトギスの鳴き声も聞こえるようになりました。ホトトギスの鳴き声が聞こえると、初夏を迎えた気がします。

bun

|

« 6月の雨 | トップページ | コアジサイ讃歌 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月の雨 | トップページ | コアジサイ讃歌 »