« どうぞ、良いお年を | トップページ | コケの上の落とし物 »

2011年1月 5日 (水)

新年です

明けまして おめでとうございます。

ネイチャーセンターは本日より開館です。今朝はとても寒く、雪こそ降りませんでしたが路面はテカテカと光っていました。日が射していたため、日が当たるアスファルトでは凍結もなくなっていたのですが、建物の影などではまだ凍結。こうした道路は非常に危険で、油断して急ハンドルやブレーキ操作をするとあっという間に車が横滑りしてしまいます。私の通勤途上ではみんなゆっくりと運転していましたが、スタッフbunちゃんの通勤ルートでは事故現場を2件通過、うち1台は車が180度ひっくり返っていたそうです。注意しましょう。

さて、森は1月からオフシーズンには違いありませんが、本日は早速、今度来訪する学校との打ち合わせがあったほか、今晩は遊林会の作業会議です。その他にも室内ですべきことが盛りだくさんで、なかなかのんびりというわけには行きません。

そんな中でもまずは久しぶりのフィールドへ。朝の寒さのおかげで、出勤後わずかの時間はとてもきれいでした。

20110105850_7645

↑ センター裏の何気ない地面の様子。植物についた霜がきれいで、ファインダーを通して見ると「絵」を眺めているようでした。この写真、クリックすると大きくなります。

20110105700_7654

↑ 冬を越すため地面に這いつくばるようにロゼット状に開いた葉にも細かい霜がビッシリ。普段なら振り返りもしない場所でも、きれいな場面を見ることができました。この写真もクリックすると大きくなります。

20110105_7643

↑ 年末から年始にかけて降った雪はもうほとんどとけていましたが、日陰の場所にはまだ少し残っており、年中無休の森の生き物たちの足跡がわずかに残っていました。これはたぶんキツネでしょうね。

20110105_7662

↑ 毎年、越冬する姿をたくさん見ることができるカメムシの一種、ヨコヅナサシガメです。アベマキの木などの樹皮の溝にこうして集団越冬するのですが、例年は50匹以上の集団が多いのに数が少ない!今年は越冬場所自体を見つけるのが難しいほどで、これでもやっと見つけた一団です。

20110105_7677

↑ ヤブツバキの開花はまだ先ですが、こちら毎年早くに花をつける個体。どんな様子かなと見に行くと、今年は異常なくらいたくさん蕾がついています。全部咲くんでしょうか?

20110105_7681

↑ こちら以前にもフォトログに紹介したことがありますが、クヌギやアベマキの葉の裏の様子。葉脈と葉脈の間の1コマずつ、色が濃くなって濡れたようになっています。昨年末にはまだこうなっていませんでしたので、この1週間ほどの間に進行したのだと思います。何が進行しているのかまでは分かりませんが、たぶん分解されていく過程なんだと思います。しかしすぐ近くに落ちているコナラなど他の樹種の葉にはこの現象は見られません。なぜクヌギやアベマキの葉だけなのか、とても不思議です。

20110105600_7768

↑ 最後はこの森のマスコット、キツツキのコゲラです。「かわべぇフォトログ」のかわべぇです。コゲラは森では一年中見かける野鳥ですが、動きが素早いのと、いつも背景が空になってしまうためなかなか上手く撮影できません。しかし今日はセンターのすぐ近くの木にいたので、すかさず望遠レンズを持ち出し背景に他の木が入るようにして撮影しました。こちら、木の中の虫をつついている様子ですが、コゲラは非常に長い舌を穴に入れて虫をからめとって食べるそうです。よく見ると、クチバシの間からピンク色のような舌が見えますね。この写真、クリックすると大きくなります。

20110105600_7769

↑ こちらピンぼけ&ブレ写真ですが、するどいクチバシの間からするどい先端の舌を出そうとしているところです。針のように細いですね。この写真も、クリックすると大きくなります。

20110105550_7783

↑ こちら本日のベストショット。鋭いのはクチバシだけではなく、垂直でも逆さまでも木にとまることができる爪も非常に鋭いですね。まるで研いだ鎌のようです。この写真、クリックすると大きくなります。

さあ、新しい年がスタートしました!本年もどうぞ、よろしくお願いします!

                                        MARU

|

« どうぞ、良いお年を | トップページ | コケの上の落とし物 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうぞ、良いお年を | トップページ | コケの上の落とし物 »