« コケの上の落とし物 | トップページ | 雪の遊林会 »

2011年1月 7日 (金)

降りましたねえ

今シーズン初めて、積もるほどの雪が降りました。すぐにやむかと思いきや、降ってはやみ、降ってはやみで夕方になってしまいました。しかし日中に降った雪はどんどん積もるほどの雪ではなかったので、最大25cmくらいの積雪でおさまりました。

朝、除雪作業をした後、早速カメラを持って森へ。まず向かったのは林冠トレイルです。

20110107800_7924

↑ 誰も通っていない新雪の上を歩くのは、何とも言えない優越感があります。子どもに戻った気分です。この写真、クリックすると大きくなります。

20110107_7923

↑ 大木の枝にも、たっぷりと雪が積もっています。こちらは落葉樹ですから葉が落ちていますが、常緑樹の方は葉の上にまで雪がたくさん積もるため、今回もその重みで結構枝が折れていました。林冠トレイルから見る景観ならではのものです。

20110107800_7944_2

↑ 見慣れた景観も、雪が降ると一変しますね。妙にドラマチックです。この写真、クリックすると大きくなります。

20110107580_7948

↑ 林冠トレイルから南東方面を眺めたところ。私はこの景観が好きです。この写真も、クリックすると大きくなります。

この後、地上に戻って森をあちこち歩きました。キツネの足跡が何カ所か見られたほか、別のスタッフはノウサギの足跡を見つけたそうです。

20110107_7957

↑ 竹は雪の重みですっかり曲がっているものがたくさんありました。しかし竹林では面白い景観が見られます。以前のフォトログでも紹介したことがありますが、雪が降ったばかりだと竹にこんな風に雪が付きます。

今日はひっそりとした森でしたが、野鳥たちはにぎやかでした。エサとなるいろいろな物が雪に埋もれているため、センダンやクロガネモチなど樹木の実に人気が集中していました。

20110107_8028

↑ 気の強いヒヨドリは、他の鳥に遠慮することなく我が物顔で食べたい木にやってきます。こちらセンダンを丸呑みするところ。

20110107_7992

↑ いつもは林床にいて、クチバシで器用に落ち葉をひっくり返してエサを探しているシロハラも、積雪のある今日は別のエサを探さざるを得ません。こちらクロガネモチの赤い実を食べに来たところ。しかしクロガネモチの木もたいていヒヨドリの独壇場です。ヒヨドリたちが食べて去った後、近くの茂みからすかさずシロハラが現れます。

20110107750_7898

↑ こちらもクロガネモチの「順番待ち」をしているツグミたち。今ちょうどヒヨドリの団体様がお食事中なのです。ツグミも群れでいたのですが、ヒヨドリには勝てないのかな?この写真、クリックすると大きくなります。

明日は遊林会の作業日です。雪のためどうなることやら…ですが、雪の森というだけでも面白いですよ。防寒着と長靴は必須ですが、ぜひお越しを!

                                        MARU

|

« コケの上の落とし物 | トップページ | 雪の遊林会 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コケの上の落とし物 | トップページ | 雪の遊林会 »