« 木の実3種 | トップページ | 裸ん坊の木々と青空 »

2010年12月18日 (土)

木の実9種、そして+α

寒く、ひっそりとした森になってきました。それでも人がいないわけではなく、今日もお散歩を楽しむ家族連れの姿を見かけました。コナラやコマユミなど一部の樹木を除き、落葉樹の多くの葉はすっかり落ちてしまい、見通しの良い森になってきました。そんな森では、いろいろな実が目立ちます。

20101218_7021

↑ 地面からにょっきり生え、子どもたちの目線によくふれるヤブランです。真っ黒な実はつやがあってきれいで、子どもたちに人気です。

20101218_7027

↑ しかしヤブランよりももっと人気なのが、ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の実。その青さは何とも言えない美しさがあります。葉っぱの付け根に実るので見つけにくいのですが、その分、見つけたときの嬉しさは大きいです。

20101218_7014

↑ ツヤがないサテン仕上げのような黒い実はネズミモチです。枝の先端につくので子どもたちにも見つけやすいようです。

20101218_7042

↑ 同じくツヤ消し仕上げの実はシャシャンボです。ブルーベリーに似た雰囲気ですが、それもそのはず同じツツジ科スノキ属です。そして同じように、この実も食べることができ、ブルーベリーのように少し甘酸っぱいです。

20101218_7053

↑ こちら、小指の先ほどの大きさがある見事なヤブニッケイの実です。種子からは香油をとるそうです。

20101218_7067

↑ 以前にも紹介したヘクソカズラの実。見事な飴色になっていました。

20101218_7024

↑ 地際にはサクランボのようなヤブコウジの赤い実。正月飾りに使う千両や万両と比較して、通称「十両」とも言われます。

20101218_7056

↑ 「ペンキで塗ったようなべたっとした赤」 という感じの実はナンテンです。鳥が好んで食べ、種子入りの糞をあちこちで落とすため、森の各所に生えています。

20101218_7008

↑ 今日最後の実の写真は「蛍光色のような赤」のカナメモチの実。カナメモチはこの森に数本しか生えておらず、薄暗い林の中に生育しています。しかしそんな中でもこの実は良く目立ちます。

今、森で見られる木の実としては他にもクロガネモチ、センダン、フユイチゴ、また残りわずかな実としてはガマズミ、ゴンズイ、ムラサキシキブ、ノイバラ、サネカズラ、サルトリイバラなどがあります。

さて、ここからは標題の「+α」の部分。

12月25日(土)にこの森で大阪センチュリー交響楽団のメンバーによる恒例のクリスマスコンサートを開催しますが、その時に遊林会の活動資金の足しになればと、これまでにも遊林会女性メンバーが中心となってリースなど様々な品を製作・販売してきました。森の保全作業で発生したツルや枝を使ったり、近くに木の実を拾いに行ったりして制作した作品です。そんな作品に、今年は新しい仲間が増えました。

Dsc_6979

↑ 紙粘土で作った生き物たちです。保全作業で発生した枝をスライスし、その上にサルトリイバラや近くで拾ったナンキンハゼの実をあしらい、主役の生き物を据えます。接着していますので、この状態で飾っていただけます。高さ6~7cmのかわいい飾り物です。

Dsc_7002

↑ 紙粘土はもちろん無彩色ですが、それに細い筆でアクリル絵の具を彩色しています。器用なスタッフがいるんですよ。

Dsc_6992

↑ 森の生き物にこだわらず作ってもらいました。おいしそうな魚を横目で見る猫です。

Dsc_6976

↑ 一体一体すべて手作りで、手で彩色していますから表情などもすべて違います。こちらフェルトで作った帽子をかぶったクリスマスバージョンのウサギです。

Dsc_6952

↑ こちらもかわいいウサギです。ちなみにウサギが載っている木片スライスは、何年か前の台風で倒れたマルバアオダモの枝です。

Dsc_850_6961

↑ 写真に紹介したのはほんの一部ですが、たくさんの作品の中でもスタッフたちのお気に入りはこちら!「プロポーズするクマさん」です。後ろ手に隠し持った花束をこれから彼女にささげるところです…お互い、ほっぺが赤くなっています。この写真、クリックすると大きくなります。

以上の作品は、いずれもコンサート当日500円~800円程度で販売する予定です。わずかでも遊林会の活動資金の足しになれば…とのことで作った作品たちですが、できてみるとあまりの可愛さにスタッフたちは手放すのが惜しくなってきたので、せめて写真だけでも撮っておいて!とのことで撮影しました。

コンサートのチケットはまだ少し余分がありますので、ぜひおこしください。1枚1,000円で、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、そしてフルートの本格的な演奏を楽しめますよ。

                                        MARU

|

« 木の実3種 | トップページ | 裸ん坊の木々と青空 »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木の実3種 | トップページ | 裸ん坊の木々と青空 »