« まだまだ | トップページ | 葉っぱであそぼう »

2010年11月20日 (土)

はじめての森デビュー

先日の遊林会「木ままクラブ」作業で整備したウッドチップの歩道を使って、本日「初めての森デビュー」イベントを行いました。参加人数は少なくても良いので、ベビーカーで森の散策を楽しんでもらおうという初めてのイベントです。お子さんの年齢を1歳くらいまでと限定したため、予想通り申し込みは少なかったのですが、定員10組に対して本日は3組11人の参加がありました。

今日のイベントはお子さんに対する森の案内ということではなく、お父さん・お母さん向けの内容であり、小さなお子さんを連れて森に来るのも楽しいですよ、ということがわかってもらえるようにというのが狙いです。このため、大人だけなら2~3分で歩いてしまうコースをベビーカーに乗せた赤ちゃんとともにゆっくり歩くようにしました。そして歩く際には、今美しい紅葉・黄葉の葉をひろってもらうことを目的としました。その葉を最後にはラミネートしてあげて、しおりのようなものをプレゼントしようというわけです。その葉の大きさが、赤ちゃんの手と同じくらいの葉なら良い記念になりますね、とお伝えしておきました。

20101120_4910

↑ 早速、散策のスタートです。チップを敷いた歩道はやわらかいのでタイヤが沈むかなと心配だったのですが、遊林会のみなさんやスタッフの努力の甲斐あって、それほど苦労せずとも進むことができたようです。

20101120_4904

↑ 今日は1歳くらいまでのお子さんということで、3家族から4ヶ月、7ヶ月、10ヶ月の赤ちゃんが参加してくれましたが、みなさんお兄ちゃん・お姉ちゃんをおもちだったので、みんなで賑やかに歩くことができました。

20101120_4911

↑ 今日は特に森や生き物の解説無しで、葉っぱをひろうことを中心にした散策だったので、大人で2~3分で歩けるコースを20分くらいかけてゆっくり歩けたら上出来かな、と思いながらスタートしました。しかし、お兄ちゃん・お姉ちゃんは少し森に入っただけで大興奮で、大人とは違う目線でいろいろな発見を楽しんでいました。「この葉っぱ、顔よりおっきい!」

20101120_4918

↑ 保護者の方には楽しくないかな~と気にしながら歩いたのですが、そんなことはなかったようで、葉っぱを見つけることに夢中になっておられました。こちら、まっ赤になったモミジの木から散る落ち葉を夢中でひろう様子。

20101120_4926

↑ 赤ちゃんの頭にのっけてみたよ!

20101120800_4941

↑ ゆっくり20分ほど歩ければ上出来と考えていたコースでしたが、気がつけば40分以上ものんびり楽しむことができました。とっても気持ちが良かったです。この写真、クリックすると大きくなります。

20101120_4966

↑ さて、散策から帰ったらひろった葉っぱをラミネートします。お母さんやお兄ちゃんががんばってレイアウトしてくれているのを、赤ちゃんはじっと見ていました。赤ちゃんを抱いているのはスタッフです。

20101120_4974

↑ ラミネートして出来上がり!みなさん、良い記念になりそうですね。

20101120_4947

↑ 最後はお楽しみのピザです。お兄ちゃん・お姉ちゃんはトッピングでも大活躍。

20101120_4970

↑ 1枚ずつ、ピザ窯で焼いていきます。ピザ窯の燃料は、この森の里山保全活動で発生した薪を使っています。こちら、ちょうど焼けたところ。

20101120_4975

↑ 1歳未満の赤ちゃんにはまだピザを食べることはできませんから、この部分は保護者の方のために企画した内容ですが、一番喜んでいたのは自分たちでトッピングしたお兄ちゃん・お姉ちゃんかな。この子どもたちの世代だと、既にピザという食べ物を食べたことがあると思いますが、今日のピザは一口かじって思わずびっくり!「おいしい!!」窯で焼きたてのピザは本当においしいです。

イベントが終わったあとも、森でのんびり過ごされてから帰っていかれたようです。このイベントは同じ内容で来週27日(土)にも実施します。まだ申し込みできますから、参加ご希望の方はぜひ!

20101120_5014

↑ さて、午後からは紅葉が進む森の様子を見に行きました。モミジなどの様子は本日のフォトログで先にkishiiがアップしてくれているのでそちらをご覧ください。こちらは落葉したイロハモミジの様子です。1枚の葉の中のグラデーションがとてもきれいです。

20101120_5038

↑ そろそろイタヤカエデも黄葉してきました。でも、既に茶色になりかけているのもあって、今年はイマイチだろうか…けれど急に真っ黄色になることもあるので、楽しみなことには違いありません。

20101120_5019

↑ 今年の森の紅葉は、次のような特徴があります。まず、もう落ちていてもおかしくないまっ赤なツタがまだたくさん樹上に残っています。ケヤキも、例年は1本1本紅葉の具合に差が出て、早く葉を落とすケヤキや遅くまで葉をつけているケヤキがある中で、今年はどのケヤキもまだ葉をつけている気がします。だから、森全体がとても賑やかな感じがします。しかし、この写真のように今年は紅葉がダメな木もあります。こちらはシラキです。例年は見事な紅葉を見せてくれますが、今年は一瞬でした。背景に写るイロハモミジの鮮やかさとは対照的です。他にもアカシデがダメでした。

20101120_5030

↑ 今年ひときわきれいなのは、クヌギやアベマキなどのドングリの木です。黄葉、あるいは強いて言えば茶色の葉となっていますが、茶色といってもとてもきれいな茶色で、朝の光や夕方の西日を受けたときにキラキラと輝く様子には思わず息をのみます。

20101120_5047

↑ 同じくクヌギを逆光で見た様子。本当にキラキラとしていました。

20101120_4998

↑ 最後は、長く残っているヤマハゼの幼樹の紅葉。何気ないところにも実にきれいな色がありますよ。

明日も天気は良さそうです。ぜひ、秋の森におこしください。

                                       MARU

|

« まだまだ | トップページ | 葉っぱであそぼう »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

ステキなイベントになったみたいですねshine
きっとみなさん、楽しんで喜んでおられたでしょうねnote

多分…なんですけど、ママたちは平日に出かけられるところを探しているんだと思います。
パパが土日休みだと、お出かけしたり買い物(まとめ買い)に行ったり…結構いろいろすることがあってsweat01
平日子どもと2人きりのママは特に、子どもを遊ばせたり、ママ友たちと相談したり愚痴ったりできるようなところに行きたいと思っているんじゃないかなぁと。
あ、でも、毎日学校や幼稚園・保育園からたくさんの人が来られるから平日にイベントなんて難しいですよねcoldsweats01

それと、私自身がそうだったんですけど、初めての子のときは、なかなか外へ出づらかったです。
情報も無かった(何しろ引きこもり状態だったのでsweat02)し、情報を得ても初めての場所に初めての子を連れて行くのには勇気がいったし…。
4ヶ月健診や10ヶ月健診とかでチラシを配られたりはどうですか?
こんなステキなイベントがあるってことを、もっとみんなに知ってもらって、参加者がもっともっと増えるといいですよねnote

という私も、子育てサークルの参加者が増えないし、毎回内容で悩んでいます…down

投稿: マカロン | 2010年11月21日 (日) 01時08分

コメントありがとうございます。
このイベントは、いずれ自分で歩けるようになる子どもたちが森に来てくれるようになるためには、まずは保護者の方が森を好きになってくれれば、との想いから企画しました。
そのためには、お母さんだけではなく、お父さんの協力も欠かせません。ということで、週末の企画となりました。これでお母さんが森を気に入ってくれれば、今度は平日にも連れてきてくれるかもしれませんね。
赤ちゃんサロンでのチラシの配布を考えていたのですが、準備不足で配布できませんでした。まあ、こちらとしては初回だったので3組程度でちょうどよかったです。
今度行うとすれば、春くらいかなあと考えています。

投稿: MARU | 2010年11月22日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ | トップページ | 葉っぱであそぼう »