« ヤマハゼ | トップページ | ラブ・レター »

2010年11月 6日 (土)

本日も快晴なり

良い天気が続いています。その分、朝は冷え込んできており、そのせいか紅葉も日に日に進んでいます。

今日は、久しぶりにこの鳥に出会いました。

20101106_4305

↑ カワセミです。ジョウビタキやシロハラ、ツグミなどの冬鳥が森にやってきており、今日も私が出勤する頃には望遠レンズを持った方がおこしになっていました。カワセミは1年中いる留鳥ですが、やはりその美しさは何度見ても飽きないものです。

20101106_4329

↑ こちらも森でおなじみの留鳥、キツツキのコゲラです。コゲラは木に穴を開けて中にいる虫を食べることが知られていますが、実は雑食で木の実も食べるんです。こちらヤマハゼかヤマウルシの実を、するどいクチバシでつまんで食べていました。

20101106_4370

↑ 今、森ではコウヤボウキの花がきれいに咲いています。図鑑では高さ50~100cmになると書いてありますが、そんなに低くても草ではなく「木」の仲間です。花のつくりは複雑で、写真はひとつの花に見えますが、これは筒状の花が十数個集まったものだそうです。そして、花びらの先端がカールしているところがこの花の可愛いポイントです。複雑なつくり故、写真に撮るのは難しく、この写真は60mmの接写レンズでF16まで絞って撮影しました。

20101106_4386

↑ 近くに赤いキノコが生えています。昨日、子どもたちとこのキノコを見つけた時にはみんなびっくりしていました。なぜなら、「絵本に出てくるようなキノコ」だから。地面に這うようにしながら逆光気味に撮ると、落ち葉に光が反射して落ち葉の色が白っぽく写ります。それと地面の黒色とがコントラストを作り、モノクロのような世界の中に真っ赤なキノコが生えている写真にしたつもりです。もっと硬調に仕上げれば良かったかな…

20101106_4380

↑ ここ数年、アキノギンリョウソウが出ないなあと思っていたら、bunちゃんが枯れているのを見つけました。残念ながら盛りは見逃しましたが、この姿からすると今年はきっときれいに咲いていたのでしょうね。

20101106_4384

↑ アキノギンリョウソウは漢字では「秋の銀竜草」と書きますが、今日見た姿はたまたま竜にそっくりに見えました。

20101106_4392

↑ 「モミジの林」でイロハモミジの紅葉が始まりました。林全体が真っ赤になるのは例年だと11月下旬頃なのでまだ先ですが、これからモミジの林を通るのが楽しみになっていきます。

今日も家族連れがたくさんおこしでした。15時頃の焼き上げを目指して、焚き火で焼き芋を十数個焼いてみたら、見事に完売しました。これからも週末は天気が良くてスタッフの手が空いていれば、焼き芋を焼く予定ですのでお楽しみに。

                                    MARU

|

« ヤマハゼ | トップページ | ラブ・レター »

森のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマハゼ | トップページ | ラブ・レター »