« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

新緑、眼にしみる

ここ数日のすっきりしない天気とうってかわって、本日は最高の日和となりました。こんな日に森を訪れる学校はたいそう幸運ですが、本日の幸運な学校は京都市から来訪したF小学校4年生133人です。

20090428

↑ このF小学校は昨年度から来訪してくれています。昨年度は、残念ながら他の学校の先約があったため、当方のスタッフは対応できずクイズラリーのみされて帰ったのですが、それでも気に入ってもらえたようで、今年もまた来ていただきました。

20090428450

↑ 今回は他の学校とかぶることもなく、スタッフ全員でたっぷりとお相手できました。F小学校はこの地域より「まち」の子どもたちが多いので、午前も午後も森を走り回るプログラムを用意。とってもきれいな新緑の森の中で楽しめたことと思います。子どもたちにとっては、まだまだ時間が足らなかったようです。

20090428450_2

↑ 今日は本当に新緑が鮮やかできれいでした。特に朝の光線が当たる時がとてもすがすがしい。眼を見張る美しさでした。

20090428800

↑ 同じケヤキの新緑でも木によって緑の色はいろいろ。青空と新緑がきれい!クリックすると大きくなります。

20090428_2

↑ 森の中ではヤマツツジが咲き出しました。森の中にヤマツツジの大きな株(高さ3mくらい?)がひとつあり、昨年はゴールデンウィークに上から下までまっ赤に咲きそろいました。今年もこの調子だと、連休後半には見ごろを迎えそうです。鮮やかな新緑の中にまっ赤な花が咲きそろう様は、それはそれは壮観ですよ!

明日から世間は連休。森は30日、5月4日、7日のみ休みです。1日ごとにかわってゆく様々な緑色を、ぜひ堪能しにおこしください。

                                            MARU

 

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

赤い葉っぱ

森の中が日に日に緑色に染まってきました。

そんな森の中で今目立っているのは・・・

20090424 アカメガシワの新葉です。 名前の通り、赤い芽をしているんですね。赤の正体は、毛。葉っぱを少しこすると、この赤い毛がとれて、緑色の葉っぱが顔をだしますhappy01

今日、森に来た子ども達には、不評でしたが・・・↓↓20090424_2

朽ち木に落ちたドングリから、芽がでています。 子どもたちに「すごいねsign03」と投げかけたのですが、「フクロウの羽はどこ??」ってまったく興味をしめしてくれませんでしたweep 自分の中ではすごい発見だったんだけどな・・・

そうそう、3月のはじめごろから不定期にですがいくつかの木の冬芽から芽吹きを追っていました。 そこで、その中でおもしろかった『ハリギリ』を紹介しますclover20090424_3

3月のはじめには、いったいどんな風に葉っぱが展開するのsign02と思っていましたが、少しずつ芽がふくらんでいき、モミジの葉っぱのような大きな葉っぱが芽吹きましたsmile

そして今日の様子は・・・20090424_4

すっかり大きくなりましたsun

他にも、ゴンズイ・クヌギ・ガマズミ・ハネミノイヌエンジュの木を追いかけました。今日で今年の芽吹き観察は終了しましたが、もうしばらくの間センター内に飾っていますので、よろしかったら見に来て下さい♪

気づいたら、4月もあと1週間をきりましたね。世間では(私も)ゴールデンウィークの予定をどうしようかな??と考えている方も多いのではないでしょうかchick

河辺いきものの森では、ゴールデンウィークイベント

4月29日、5月2・3・5・6日の5日間、スペシャルクイズラリーを行いますsign03

時間は10:00~15:30   申し込み不要・無料ですhappy01

☆モリモリクイズラリー

河辺いきものの森でおなじみのクイズラリー。森の中にある10問の問題に挑戦し、7問以上正解すると、ステキなプレゼントが!!さらに森に詳しくなれる『上級編』にもチャレンジできるよ!

☆ミニミニクイズラリー

モリモリクイズラリーは、小学生以上を対象としたクイズラリーなんだけど、今回から5歳児までの子どもたちを対象にした『ミニミニクイズラリー』ができました!!森の中にある5問の問題に挑戦し、3問以上正解すると、ステキなプレゼントが!!(子どもさんと歩いて30分程度でまわれるコースです)

ぜひ、ゴールデンウィークも、河辺いきものの森に遊びにきてくださいねwink ((4/29日(祝)~5/10(日)までの、休館日は、4/30(木)、5/4(月)、7(木)ですclover))

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

今日も暑かった

今日も暑かった!今日は珍しく団体さんもなく、スタッフは来週以降のいろいろな準備に専念できましたが、森には春の陽気に誘われてたくさんの家族連れ等がお越しでした。

20090419

↑ 今、クチナシグサがきれいに咲いています。とても小さな花ですが、今年はたくさん花をつけました。

20090419_0320450_2 

↑ 3月20日に撮影したクチナシグサ。出始めの頃は、まるでサンゴか?という感じでした。

20090419_2

↑ それが今、こんな可憐な花を咲かせています。うっすらピンク色をしています。半寄生性植物といわれますから、この森では今のところ毎年決まった場所にしか咲きません。

20090419450

↑ タンポポの花の上では、よくキリギリスの幼体を見かけます。ハネはまだ生えていないのですが、案外足が素早く動いて、そっと近づいてもサッと花の裏に隠れてしまいます。いざとなったらピョーンと飛ぶのでしょうが、そこまで追い詰めたことがないせいか、いつも早足で逃げます。ちなみにこれはカンサイタンポポです。

20090419_3

↑ 昨日のブログでは朱色の花をつけるヤマツツジのつぼみを紹介しましたが、ピンク色の花をつけるモチツツジのつぼみは今こんな様子です。「モチ」という名前の通り、あちこちに粘っこい液を出しているので、ここを訪れた小さな虫たちはそのネバネバにからまって動けなくなります。この写真には一匹の大きな虫のほかに、よく見ると小さな虫が多数くっついています。みなさんご臨終です。

20090419_4

↑ そんな中、ネバネバにも負けず動いている小さな虫を発見!ゾウムシの仲間で、体長3mmほどの小さな虫です。調べてみると、ツツジトゲムネサルゾウムシというそうです。この写真ではネバネバの少なそうな所を動いていますが、緑のところにびっしり生えているネバネバの毛の中も、何とか歩いていました。たまに、脚を使って顔や体をきれいにふく姿がかわいいのですが、ツツジにとっては歓迎できないヤツのようです。朱色に輝く体がきれいでした。クリックすると大きくなります。

来週から森は忙しくなります。

                                       MARU

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

森は花盛り

今日は夏のような日差しで、「ぽかぽかと暖かい」という段階を通り超えた暑い一日となりました。ここ数日で森の花々は一気に咲き、草花のみならず木の花もいろいろと咲き出しました。

20090418

↑ いわゆる「ドングリの花」。コナラもクヌギもアベマキもアラカシも、雄花を垂らし始めています。黄緑色がきれいで、風が吹くとすだれのように揺れます。

20090418_2

↑ ヤマザクラが散り、カスミザクラが咲き始めました。この森にはヤマザクラよりカスミザクラの方がずっと多くて、今森のあちこちで咲いています。こんなにたくさんあったのか、と改めて気づきます。

20090418_3

↑ 驚いたのがウワミズザクラ。数日前から咲き出しました。昨年は4月22日に咲いたとブログにありますが、今年は少し早いですね。

20090418_4

↑ 近くで見ると、ウワミズザクラの花はこんな風に咲いています。このあと森では、サクラの仲間としてはイヌザクラが最後に咲きます。

20090418_5

↑ まだ咲いていませんが、ヤマツツジのつぼみもふくらみ始めました。森の中でこの紅色を見つけると、その形や色からローソクの火が灯ったようにも見えます。昨年は4月29日に咲いていますね。

20090418_6

↑ 水辺にはトンボが飛んでいました。もうトンボ!?と思うかもしれませんが、このトンボは少し特殊で、ホソミオツネントンボと言う越冬するトンボです。2008年12月10日のブログにその越冬中の様子を掲載しましたが、冬の間は非常に地味な茶色をしており、春が来るとこんな鮮やかな水色になります。

20090418_7

↑ 最後に、本日の林冠トレイルからの一枚。青空に新緑がとてもきれいでした。新緑といっても、今は色々な「緑」があります。クリックすると大きくなります。

のんびりとお散歩するには絶好の時期ですよ。お弁当とお茶を持って、いかがですか?

                                           MARU

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

クイック染色

先週の土曜日は遊林会の活動日でしたdenim

活動を始める前に30分ほど、その時期に合わせた観察会をしているんですが

今月の担当はcaoでしたaries

シニア向けの講座で染色を実施しながらも、なかなか機会がなくて遊林会メンバーに

紹介できないでいることが残念despairで仕方なかったので、今回はクイック染色講座にしてみましたshine

20090411

今回の染料は、ウメノキゴケcherryblossom

サクラやウメの木にへばりついている、緑がかったコケです。

20090411_2

このままではなかなか色が出ないので、アンモニア水につけて2週間ほど発酵させたものを使いますaquarius

20090411_3  (このへんがクイック染色happy01

煮詰めると、アンモニアの匂いがちょっとしてきますcoldsweats01

ちょっと臭いんですbearing

20090411_5

こんな感じに染まりましたよaries

高貴crownな雰囲気の紫色です。

20090412

なんだか信じられないような顔をしながらも、楽しそうにお話しを聞いてくださって

どうもありがとうございましたaries

もし、何かおもしろそうな染料があったら是非是非教えてくださいねhappy01

caoaries

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

あまよろこび

4月4日以来10日ぶりの雨が降りました。

この間、森はかなり乾燥が進み、栽培しているシイタケはひび割れ、土はカラカラ、植物も少々しんどそうに見えました。

遊林会の作業日では、午前中に作業していて途中で大雨が降ったりすると着替えの無い人たちは作業できなくなるので午後の作業は中止となり、そのぶん昼のビー○が進むことになります。これを雨喜び(あまよろこび)と言っています。

今日は森にとってのアマヨロコビ。昨晩からの雨で、植物たちはとってもうれしそうです。

20090414

↑ 先週の土曜あたりから咲き始めたヤマブキ。ここ数日で一気に咲きました。山吹色はとてもきれいですね。

20090414_2

↑ ツル植物のサネカズラの新葉が出始めました。緑がみずみずしい。

20090414_3

↑ こちらはそろそろ見頃が終わりのイチリンソウ。お日様が出ているときは太陽に向かってパッ!と咲いていますが、雨降りの日はしょんぼりです。それでも、きっと雨は嬉しいに違いありません。

20090414_4

↑ 4月5日のブログで紹介したドングリの芽生えから、ついに葉が出てきました。小さな葉っぱですが、これから一生懸命光合成していくのでしょうね。

20090414_5

↑ 本日の森の様子。雨が降り、とてもしっとりした森でした。やわらかい緑が眼にしみます。何となく、木々たちもうれしそうです。この写真、クリックすると大きくなります。

今日の雨で、森はますます春が進むでしょう。

                                           MARU

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

今日はタマネギの皮で

日曜日の昼下がり、森では今日も1時間染色をしましたよaries

今日の染料は、カレーの下準備の時に出たタマネギの皮shine

あのパリパリの皮は、いったいどんなふうになるんでしょう???

20090412

沸騰するとすぐに、お湯の色が澄んだオレンジ色にshine

この色がそのまま出せたらいいねぇconfidentなんて話しながら染め上げると、、、。

20090412_2

左のはっきりした黄色はみょうばん媒染にかけたものshine

右のうすいオレンジ色は、無媒染crown

色の好みはイロイロですが、オレンジ色のスカーフは太陽の光に当たると

キラキラ金色に輝きましたhappy01

20090412_3

こちらは、見本用の布。

左から、みょうばん媒染→無媒染→鉄媒染です。

スカーフも見本布も素材はシルク。

なのに、質感によって色の見え方、定着の度合いにも違いが出てくるんですねconfident

毎回、発見の連続ですsmile

caoaries

| | コメント (0)

2009年4月11日 (土)

おひさしぶりです

ここ数日、とてもよい天気続きで、森も一気に鮮やかになりだしましたhappy01

そんな、天気のよいsun本日は遊林会の活動日だったのですが、活動の様子は、また後日、遊林会のホームページでお知らせしますのでもうしばらくお待ちをclover

ちなみに、今日は45人の方々が来ていただき、テレビ撮影もおこなわれましたshineそして活動の様子は、4月20日月曜日、NHK夕方の「近江発610」で放映されますので、よかったらご覧になって下さいねflair

さてさて、タイトルの「おひさしぶりです」なんですが、今年の春になってはじめて出会った植物や、いきものに今日はたくさん会いましたheart01その中の一部を紹介します。

20090411 カエル君。森の中で私は、はじめて見ましたshine 「おひさしぶりです」

20090411_2

シロツメクサも今年初です。小さい頃にはよく花冠を作って遊びました。なつかしいなcute

20090411_3 

アオイスミレ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、スミレと咲き出して、最後にニョイスミレも咲き出しましたhappy01 水辺の近くで咲いています☆ 「おひさしぶりshine

20090411_4  タンポポが一気にさきだした、先週はじめ。もう綿毛もできましたnotes

20090411_5 まだ、花があまり咲いていない3月はじめにはたくさんこのブログでも紹介していた、オオイヌノフグリですが、まだまだ花は健在ですbud少し背が高くなりましたが、今も陽の当たる場所を青色に染めていますwink

ひさしぶりではないですが、今が見頃のイチリンソウ。なんど見てもかわいいですよ。

20090411_7

みんな、陽の当たる方をむいてさいてますね。 

20090411_8 うしろから、撮るとこんな感じです。ほのかにピンク色で、この写真では別名の「ウスベニイチゲ」 のほうが、似合っている気がしますねconfident

明日も天気がいいようなので、またまた森が色鮮やかになるんだろうなsmile bun

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

急ぎ足の春

昨日はイチリンソウもヤマザクラもまだまだ、という段階だったのですが、今日の午後に森を歩くと昨日よりも格段に春が進んでいて、びっくりしてしまいました。

20090409

↑ まずはヤマザクラ。この1本だけですが、今日はもう満開になっていました。

20090409_2

↑ そしてイチリンソウ。約30輪ほどの花がとてもきれいに咲きました。昨日の様子からは信じられないくらいに咲きそろいました。

200904092

↑ キクザキイチゲとはまたちがう魅力のあるイチリンソウの花です。

2009040956_2

↑ イチリンソウは花びら(正確には花弁ではなく花弁状の萼片だそうです)が5枚のものが多いと思っていましたが、6枚のものもありました。図鑑を調べると、確かに萼片は5~6個と記されていました。

20090409_3

↑ マムシグサの仲間もにょっきり出ていました。葉はまだ展開していませんが、もうすぐですね。

20090409_4

↑ 次々と咲く華やかな花々がある中で、キクザキイチゲはどうなっているのだろうとのぞきに行ってみました。花の時期にはあれほど毎日のぞきに行き、その可憐さに感嘆しきりでしたが、今はこんな様子。咲けば、散る…当たり前のことですが、季節の移り変わりを実感します。でも、よく見るとこの左の花には今3種類の昆虫が訪れていて、受粉の役を果たし、これから新しい種子が実っていきます。そしてまた、来年の3月には可憐な花を咲かせてくれることでしょう。

一日一日、大切に過ごしたいものですね。

                                       MARU

| | コメント (0)

タンポポで染めました

とってもあたたかい日でしたねaries

時間を見つけては染色をしているcaoariesですが、

なかなかみなさんにお見せできなかったので今年はちょっと頑張ってアップしていきますねcherry

今日の染料は「タンポポ」shine

Photo

森の入り口にたくさん咲いている「タンポポ」の花の部分だけ摘み取ります。

われながら”残酷やなぁweep”と思う瞬間です。

生ゴミ用の袋に入れて、鍋を火にかけて10分clock

タンポポ笛を吹くときの甘いんだけど、ほろ苦い匂いがしてきましたよnotes

20090408

みょうばん媒染にかけたり、

20090408_2

鉄媒染にかけると、

布に色がつくんですhappy01

20090408_3

染め上げた布を見る瞬間が大すきlovely。楽しいですよぉheart02

左が鉄媒染で、右がみょうばん媒染にかけた結果なんだけど、こんなに違う色に仕上がるんですshine

興味がわいてきましたかsign02

おもしろそうだなぁと思ったら、森に来てくださいねwink

caoaries

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

新学期スタート

今日はこの地域の多くの学校が入学式ですが、それに合わせるようにあちこちでサクラが満開になっています。この森ではヤマザクラがやっとチラホラと咲き出したようですが、まだまだです。

20090408

↑ この森ではサクラは樹上でしか咲かないのでとても花見はできませんが、他の花々で十分に楽しめます。今はタチツボスミレがきれいですが、このスミレはちょっと変わったところに咲いています。

20090408_2

↑ 川の中に、魚たちの隠れ家になるようにと枯れ木の根っこなどを置いているのですが、そこにスミレが咲いていました。コケやシダがきれいに生え、まさに自然の盆栽という感じです。しかしスミレの種は、アリなどに運ばれるか飛ばされるかで増えると思うのですが、こんな水の中にアリが運んだとも思えないし、こんな距離まで種が飛ぶのかなあ?どうやってここにスミレが咲いたんでしょう?

20090408_3

↑ イチリンソウは徐々に咲き始めたのですが、まだ開ききっていませんでした。でもつぼみはたくさんついています。

20090408_4

↑ 「モミジの林」では、花をつけ出したイロハモミジが現れました。この木は昨年も早く花をつけました。写真には写っていませんが、小さな虫がブンブン来ていました。

20090408_8 

↑ モミジの新葉は、出始めた頃は赤くなることを前回のブログで紹介しましたが、ちょうど今、モミジの林全体がこの赤い新葉でおおわれていてとてもきれいです。この写真、何も解説しなければ秋の紅葉の写真だと思うのではないでしょうか。今、こんな様子です。しかし先の記事にも書いたように、この見頃は秋の紅葉ほど長くは続かず、1日単位でどんどん緑が濃くなっていきます。この写真、クリックするとちょっとだけ大きくなります。

さあ、新学期のスタートです!

                                           MARU

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

いい天気でした

春休み最後の日曜日。予報では晴れでしたが、朝から薄曇りがかかるイマイチの天気で、人出もまばら。しかし午後からは見事に青空が現れ、これを待っていたかのようにたくさんの家族連れが森におこしです。

クイズラリーに挑戦する子どもたちの声が森に響く中、森へ出てイチリンソウを見に行きましたが、咲いていると言えば咲いているけど…という花が2輪。しかし写真をのせるほどではないなあということで、もう少しきれいに咲いたらまた紹介しましょう。

森の中をごそごそ歩いていると、咲き終わって種も飛ばし終わったウバユリの茎がありました。

20090405

↑ 森の何カ所かで見られます。その近辺にはちょうど今ウバユリの新しい葉が出てきています。何ともみずみずしい緑色をした葉です。

20090405450

↑ そうやって歩いていると、林の中にウバユリの群落を発見!この写真の中でササ以外の緑はほぼ全部ウバユリの葉です。これほどまでにかたまって生えているのは初めて見ました。

20090405450_2

↑ 冬の間に落ち葉かきをした林の中では、昨年の秋に落ちたドングリから芽が出ていました。これから森のあちこちで発芽したドングリがたくさんたくさん出てきますが、このうち大きなドングリの木になれるのはごくごくわずかだそうです。このドングリは、これからどんな風に育っていくのでしょうね。

20090405450_3

↑ 最近、出勤して駐車場に車を止めると、縁石の下の部分にスミレが咲いていることに気づきます。森の中では見たことがないのですが、駐車場や開けた場所に毎年わずかに花を咲かせます。

20090405_2

↑ いわゆる「スミレ色」のスミレです。上品な濃い紫色です。

20090405450_4

↑ 一方、森の中にはスミレよりも花色が薄いタチツボスミレが咲きます。森の中といっても、比較的日当たりが良く下草の少ない林の下です。このスミレの数が森ではダントツで多いです。しばしば大きな群落を作りますが、これは今一番きれいで大きな竹林の中の群落。荒れた竹林ではお目にかかれませんが、きっちり竹林の保全活動をしている遊林会の竹林ならではと言えるかもしれません。

20090405_4 

↑ 絵になるスミレですが、写真に撮るのは案外難しいです。この写真の場合は、花の形が良く日陰になっていて花のすぐ後ろに他の草花がないタチツボスミレを探し、カメラを地面につけるほどの低位置に置き、ピントは花びらの紫色のすじに合わせ、接写用のレンズで撮影しました(タムロン180mmMacro F10、1/125、ISO400)。

20090405_5

↑ おまけ。ネイチャーセンターのすぐ裏には土壌浄化槽があり、その上にはスギナがこれでもかというほどたくさん生えています。その「スギナ林」の中に、ツクシがスッと立っていることがあり、あぜ道に生えているツクシとはまた違った雰囲気を見せています。

学校はまもなく新学期。森も忙しくなります。

                                         MARU

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

春ですねえ

「春を代表する植物は何?」とたずねたら、人によって答えは様々でしょうが、やはり多くの人はサクラを挙げると思います。この近辺でもそろそろソメイヨシノが咲きはじめたり、あるいはサクラも咲いていないのにとりあえず花見をしたという話を聞いたりもしましたが、この森のヤマザクラ、カスミザクラ、ウワミズザクラ、イヌザクラの4種類のサクラが咲くのはまだまだ先です。

この森では、まずヤマザクラが咲き始めるのですが、花芽はまだかたそうです。そんな中、ウワミズザクラは開花に先立って葉を出すのですが、森の植物の中でもトップクラスに早く葉を出すので、今ちょうど新葉がきれいです。そう思って見ていると…

20090402

↑ なんと、もう既に花序が出始めているではありませんか。このウワミズザクラだけでなく、他のウワミズザクラにも出ていました。コップ洗いブラシのような白い花をつけるのはヤマザクラやカスミザクラが咲き終わった後なのに…いつも花にしか目が行かないので、毎年この時期に花序が出ていたか定かではありませんが、それにしても早いなあ。

20090402_2

↑ 近くではキリギリス?の幼体がはねていました。まだハネは生えていません。目がかわいい。

20090402450

↑ 「モミジの林」では、今新しい葉が展開していてきれいです。出たばかりの新しい葉はこのように真っ赤なので、秋の紅葉とはまた一味違う紅葉が見られます。しかしこの紅葉はあっという間に緑色に変わりますから、見頃は数日といったところです。

20090402_3

↑ 午後の光の中、モミジの葉を逆光で見るととてもきれいです。

20090402450_2

↑ キクザキイチゲはそろそろしょんぼりしてきましたが、ついでイチリンソウが咲き始めます。今日はこんな様子。もうすぐ咲きそうですね。

200904021024

↑ いつも同じ場所に生えるカキドオシ。淡い紫色の花がたくさん並びます。カキドオシの花にはアリがよく来るようで、写っている茶色(おしりが黒色)のアリは、ちょうどこれから花の中に入ろうとしているところです。本日のベストショットはこの写真。クリックすると大きくなります。

20090402_4

↑ カキドオシの花は奥行きが長くて、奥に行くほど細くトンネルのようになっています。そこにアリが入っていきました。蜜があるんでしょうか。まるで洞窟探検です。

穏やかな春の日、森には今日も100人以上の来場者がありました。明日も季節は進みます。

                                           MARU

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

あめのあと

正午過ぎから降り出した雨rain

とっても寒くなりました・・・  がflair

15時も過ぎると明るくなってきましたhappy01 そこで、森の中へcamera

20090401 目的は、森の中にキラキラ輝く光のつぶをもとめて・・・

20090401_2 雨の日は咲かないキクザキイチゲ。午前中天気がよかったのできっと花を咲かせ、雨に打たれ首がしょぼぉ~んってなってしまったのかなsign02

20090401_3 最近、よく登場するアカシデの花にも光がshine

20090401_4 ドングリの葉っぱにも、キラリ。 新葉はもともと毛がフサフサしていてキラキラしていてきれいなんですが、今日はさらにステキかな??

20090401_5  遅咲きのツバキは、真っ赤sign03 なんだかドキッとしてしまいましたheart02

雨はなんだか憂鬱ですが、雨上がりの森はとてもキレイですよhappy01 bun 

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »